「公園少女」のカムバックにグローバルファンも熱い反応を見せている。

 28日午後、発売された「公園少女」のEPアルバム「the Keys」は、29日午後5時の基準で米国のiTunes K-POPアルバムチャートで全体1位を占める勢いを見せた。

 アルバムチャートだけでなく、音源チャートでは、タイトル曲「BAZOOKA! 」がTOP10入り、全体のアルバムのランキングは62位に着地した後上昇を続け、「公園少女」の熱いグローバル人気を実感させた。

 アルバムと一緒にベールを脱いだ「BAZOOKA! 」のミュージックビデオにも、国内外のネチズンたちの関心が集まっている。「公園少女」の新しい世界観を暗示し、より関心を集中させた今回のMVは公開一日で300万回再生を突破、1000万回再生に向かって急速に進撃している。

 「公園少女」が約9か月ぶりに公開した新しいEPアルバム「the Keys」は、3部作で完成された「夜の公園」シリーズの後、別のストーリーが始まる前日譚のアルバムである。タイトル曲「BAZOOKA! 」をはじめ、4つのトラックで構成されている。

 タイトル曲「BAZOOKA! 」は心の中に込めていた悩みや感情を壊して、新しい夢に向かって進むという希望に満ちた意味を描いたトラックである。特有のアップテンポなエレクトロポップジャンルで新しいスタイルの拡張を発表する。

 毎回ユニークな色と、心血を注いだプロデュースでアルバムのクオリティを着実に維持している“成長型ウェルメイドK-POPアイドル”「公園少女」は、米国市場でその真価を発揮しており、国内でも各種音楽番組に出演してカムバック舞台を飾る予定だ。