最近放送が終了したtvNドラマ「ハイバイ、ママ! 」(脚本:クォン・ヘス、演出:ユ・ジェウォン)は女優キム・テヒの新しい姿を確認することができた作品だった。キム・テヒの5年ぶりのお茶の間復帰作でもあるが、“母親キム・テヒ”の姿を盛り込んだ作品でもあるからだ。実際2人の子どもの母親でもあるキム・テヒは「ハイバイ、ママ! 」を通じて役者としての新しい一歩を踏み出すことができた。

「ハイバイ、ママ! 」は事故により家族の元を離れることになったチャ・ユリ(キム・テヒ)が死別の痛みを乗り越え、新しい人生を始めた夫チョ・ガンファ(イ・ギュヒョン)と娘の前に再び現れることで巻き起こる“ゴーストママ”の49日のリアルな転生ストーリーを描いたドラマだ。キム・テヒは劇中“5年目の母親のお化け”チャ・ユリ役を務め熱演を繰り広げた。娘のチョ・ソウ(ソ・ウジン)への切ない母性の演技は、特に多くの共感を導き出し好評を得た。

「ハイバイ、ママ! 」の放送終了後、最近行われた書面インタビューでキム・テヒは「まるで美しい童話のような1本の長い夢を見てきたようだった」と口火を切った。

キム・テヒは「チョ・ユリとして過ごした間楽しく幸せだったとあえて言いたい。個人的にまるで入棺体験をしたように、人生において一番大切な価値について、愛する人々に対する態度について深く省察し悟る時間になった。よいドラマで暖かく意味のあるメッセージを伝えることができて、とても意味深く感謝した時間だった。演技が恋しい時であったよい作品で楽しく演じることができて本当に幸せだった」と振り返った。

チャ・ユリを描き出すためにキム・テヒはどんな点に重点を置いて演技をしたのだろうか。

キム・テヒは「母性愛と家族、夫、周りの人々に対する愛の重点を置いた。ユリの明るく単純でポジティブな性格を自然に表現したかった。事前に監督や脚本家、キャストたちと呼吸を合わせる時間を最大限たくさん作り、ユリのトーンを決めた。それでユリの感情のラインだけを追いかけて演じ、その流れが私が本当にユリであるように自然に流れていった。台本が心から感じながら演じることができるように作られていた」と明かした。

最も記憶に残るシーンやセリフに対しても述べた。キム・テヒは名シーンを「第1話のエンディングでユリが人になりガンファが分かりすれ違うシーン」だと挙げ、「ユリが最後にソウを目に留めて去ろうとする瞬間、ガンファが私を見て驚き、目を離せないながらも私の体を通過した雪が私の方で溶けるのを見て驚くシーンが一番印象的だった」と述べた。

名セリフに対してはエピローグのナレーションの中で「どんな苦難の中でもまだ私が何かを食べることができ、愛する人に会うことができ、息をしながら生きているという事実、これがどれだけ美しいことなのか、私は死んでから分かった」というセリフを挙げた。そして「今後も私がつらい瞬間が来たら、このセリフを思い出して力を出すようになるだろう」と述べた。

それでは「ハイバイ、ママ! 」はキム・テヒにとってどんな作品として記憶されるのだろうか。

キム・テヒは「真心は結局通じるということを教えてくれるありがたい作品だ。子どもが生まれて出会った作品なので母性愛について共感と理解ができた。子どもが少しでもつらくなったり、過ちを犯したらすべて私の責任で、子どもの健康や幸せのためならばすべてのことを犠牲にして献身できる母親の気持ちが分かった作品」と答えた。

キム・テヒは今後の計画については「しばらくは家族たちに任せていた家事や育児に集中しながら個人の人生を忠実に、そしてさらに成熟に生きたい」とし、「また私の心をときめかせるよい作品と早い時期に出会えるように祈りながら生きたい」と明らかにした。