韓国女性演歌歌手のキム・ヨンジャが、バラエティー番組「みにくいうちの子」でカリスマ性の裏にある“少女らしさ”を見せた。

最近放送されたSBS「みにくいうちの子」の収録現場にキム・ヨンジャが登場し、パネラーの“マベンジャーズ”たちは「天使のようだ」、「本当にきれいだ」と彼女を歓迎した。これに応えるようにキム・ヨンジャはヒット曲を熱唱し、スタジオはあっという間にコンサート場となった。

しかしパワフルな姿を見せたキム・ヨンジャは、トークコーナーに入ると少女のように変身し、注目を集めた。彼氏と交際7年目の彼女が恋愛の話で恥ずかしさを隠しきれなかったのだ。キム・ヨンジャは彼氏を褒め続け、「喧嘩する理由はひとつしかない」とし、喧嘩の理由を明かすと、スタジオは笑いに包まれた。

それだけでなく「恋愛は必須、結婚は選択」という曲の歌詞について、MCソ・ジャンフンと共感し、爆笑を巻き起こしたそうだ。

またパネラーのお母さんに「息子が10人いるよりいい」と言われて育ってきたキム・ヨンジャにも意外な「みにくい子」エピソードがあることも告白した。

優れた歌唱力と正直でかわいらしいトークで、お母さんたちの心をつかんだキム・ヨンジャの魅力は3日の日曜日午後9時5分に「みにくいうちの子」で確認できる。