※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。


 「ザ・キング:永遠の君主」のイ・ミンホとキム・ゴウン、チョン・ウンチェの三者が対面した。

1日午後に放送されたSBS金土ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」(脚本キム・ウンスク、演出ペク・サンフン、チョン・ジヒョン)では大韓帝国にきたチョン・テウル(キム・ゴウン)の姿が描かれた。

チョン・テウルはイ・ゴン(イ・ミンホ)と共に大韓帝国に渡った。宮殿へ行く前にしばらくどこかに立ち寄り、マキシムスの厩舎に行った。厩舎でチョン・テウルはパラレルワールドをまだ信じられない様子だった。特にチョン・テウルはチョ・ウンソプ(ウ・ドファン)と同じ顔のチョ・ヨン(ウ・ドファン)を信じず、全ての事実を否定し対立した。 特にイ・ゴンに銃を向け角を立てたが、チョ・ヨンが立ちはだかったところでようやくパラレルワールドを信じ始めた。

チョン・テウルはイ・ゴンと共に宮殿に来た。チョ・ヨン、ノ・オクナム(キム・ヨンオク)はチョン・テウルの顔に慣れているようだった。チョン・テウルはノ・オクナムの指示で自分を監視しに来たミョン・スンア(キム・ヨンジ)を見て、再びパラレルワールドを感じた。チョン・テウルはミョン・スンアに色々なことを聞き、大韓帝国について知りたがった。しかし、“イ・ゴン”の名前をむやみに話したという点で、大口を聞かなければならなかった。

チョン・テウルはノ・オクナムに自分をどのように知っているのか聞いた。ノ・オクナムは「陛下は子どものころから変な名札を持っていた。チョン・テウル警衛は大韓帝国におらず、警衛という階級もまたこの場所にない。偽物に違いないと言ったが、いなかった人がこうして一日の朝に現れた。すべてに呆れたが、一つは確実だ。説明出来ない存在とは世の中に混乱をもたらすだけで、陛下には害を及ぼす。だからここにいらっしゃる時は陛下、近衛隊長、私の他にはなるべく接触を謹んでほしい。加えてこの世界に関心も持たず、滞在しないでほしい。この世界と言えば、陛下も含む」と警告した。

イ・ゴンはチョン・テウルが滞在している居室を訪れた。チョン・テウルは名札をいつ見せてくれるのかから、チャッキーの人形も聞いた。イ・ゴンは、名札は明日見せてあげると言い、チャッキーの人形は人形キャッチャーゲームでようやく得たとどうしても言えなかった。イ・ゴンは「私が持つものの中で、安いものはない」と遠回しに話した。

ノ・オクナムの警告によって落ち込んでいるチョン・テウルをイ・ゴンが訪ねてきた。チョン・テウルはイ・ゴンに「一度も恋愛してみなかったの? 」と挑発した。これにイ・ゴンは「違うのに。してみたんだけど。恋愛はこうしてスタートしたのか? 」とチョン・テウルにキスした。イ・ゴンは「今、私が何をしたのか証明してみなさい。恋愛? 」と話した。チョン・テウルは何もしなかった。

翌朝、スケジュールが詰まっていたイ・ゴンはチョン・テウルに近衛隊の制服を与え、一緒に行こうと誘った。チョン・テウルはチョ・ヨンと共にイ・ゴンの最も近くで密着警護した。チョン・テウルはイ・ゴンと共に行動し、大韓帝国皇帝としてイ・ゴンが持った威厳と謹厳さ、親しみやすさなどを感じた。以降、イ・ゴンはチョン・テウルに私服を与えた後、宮殿の外で時間を過ごさせてくれた。

釜山を回っていたチョン・テウルは大韓民国と似ていながらも異なる大韓帝国に妙な感じを受けた。イ・ゴンの大型プラカードを見て、前日の晩にキスをしたことも思い出しながら照れた。そして、大韓帝国が先進国という点とイ・ゴンがもの大金持ちという点で大きく驚いた。そしてCTXに乗ってソウルへ向かった。

ソウルではク・ソリョン(チョン・ウンチェ)を見て、自分が勤務していた所へ行ったが、自分を知る人は誰もいなかった。チョン・テウルは自分の縁故が届く所をたくさん歩き回ったが、全く縁がなかった。そして、お金がなく釜山に帰る状況が発生した。イ・ゴンがこれを知り、ヘリコプターを回しソウルに向かった。

ソウルでチョン・テウルに会ったイ・ゴンは“アン・ボンヒ”をなぜ捜そうとするのか聞いた。チョン・テウルは「私の母だ。パラレルワールドだから私はいなくても、私のお母さんは生きているかもしれないから。もちろん、他の人ということは知っているが、ここでは辛くないことを願った。遠くからでもちょっと見ることができたら嬉しい」と話した。安心したイ・ゴンはチョン・テウルが検索した携帯電話の記録を見ながら話を交わした。

この時、2人がいる所にク・ソリョンがやって来た。ヘリ緊急着陸許可を受けたという知らせを聞いて、ク・ソリョンが訪ねてきたのだ。そうしてイ・ゴンとチョン・テウル、ク・ソリョンの三者の対面した。

一方、イ・リムは貧しい人たちを尋ね、パラレルワールドの同じ人を殺せばその人の人生を生きることができると言い、惑わせ始めた。貧しい人生を生きた彼らはイ・リムの甘い言葉に乗せられた。