ガールズグループ「BLACKPINK」のジェニーが深夜に初めてのインスタライブを行った。

ジェニーは今月1日、自身のインスタグラムを通じてライブでファンたちにあいさつをした。プレゼントされた大型のピンク色のボックスをオープンし、その中にあるサングラスを持ちユーモアあふれる話を繰り広げた。

愛らしいジェニーの魅力がいっぱいだった。彼女は英語と韓国語を混用しながら韓国内外のさまざまなファンたちとコミュニケーションを図った。ビタミンのような魅力を発散しファンたちを絶えず笑顔にさせた。花盛りの美貌は当然である。

ジェニーの初めてのインスタグラムのライブだったが反応はすごかった。彼女は音楽プロデューサーのTEDDY(元1TYM)がいるレコーディングスタジオでライブを行っただけに「BLACKPINK」の新曲のレコーディング中なのではないかというカムバックを期待する反応が高まった。

「BLACKPINK」のメンバーたちも一堂に会しておりカムバックへの期待を後押しした。ジス、ロゼ、リサはジェニーとともにファンたちにあいさつを伝え、和気あいあいとした雰囲気を導いた。おかげで「BLACKPINK」持ち前の健康でユーモラスなエネルギーがあふれた。

特にG-DRAGON(BIGBANG)が登場し視線を一気に集めた。彼はジェニーが渡した新商品のサングラスをかけて「僕に似合うようだが」と“Swag”を発散し見る人々を喜ばせた。

一方、ジェニーが所属する「BLACKPINK」はレディー・ガガとコラボし話題を集めた。レディー・ガガの6thアルバム「Chromatica」の10トラック目「Sour Candy」に「BLACKPINK」がクレジットされている。まだアルバムのリリース日程や音楽に対する具体的な情報は知られていないが、グローバルなファンたちは熱狂している。

「BLACKPINK」とレディー・ガガは日頃からお互いの音楽を聞きファンになり自然に今回の作業を行うことになったという。全世界を舞台に活躍している「BLACKPINK」がレディー・ガガとどんなコラボ曲を作ったのか帰趨が注目される。

「BLACKPINK」が世界的なアーティストとタッグを組むのは今回が初めてではない。「BLACKPINK」が2018年10月にイギリス出身のシンガーソングライターのデュア・リパと「Kiss and Make Up」でコラボをしたことがある。

この他に「BLACKPINK」は現在ニューアルバムの作業とカムバックへの準備に集中している。