ガールズグループ「BLACKPINK」のジェニーの初めてのSNSライブのおかげで、オンラインが盛り上がりを見せている。音楽プロデューサーのTEDDY(元1TYM)やG-DRAGON(BIGBANG)まで電撃登場しファンたちが熱い反応を見せている。

ジェニーは今月1日深夜、自身の個人インスタグラムアカウントを通じてライブ放送を行った。6分ほどになる短い分量だが充実してユーモアあふれていた。コンセプトは“UNBOX”だが、さまざまな見どころが盛り込まれていた。

ジェニーは英語と韓国語を混ぜて使いながら韓国内外のファンたちに喜ばしくあいさつをした。自分の体格ほど大きなピンクのボックスをオープンしたがその中にはジェニーのためのさまざまなアイテムやアクセサリーが入っていた。

サングラスを活用した“化学反応”は目を引いた。ジェニーは隣にいる「BLACKPINK」のメンバーたちのジス、ロゼ、リサはもちろんTEDDYプロデューサー、G-DRAGONやマネージャーのスンホ氏らとサングラスをかけながらビタミンのような魅力を発散した。

なによりG-DRAGONの登場が見る人々を驚かせるのに十分だった。ジェニーのライブ放送自体がサプライズのプレゼントだったが、G-DRAGONが出演するとはだれも予想できなかった理由からだ。

映像でG-DRAGONのライトブルーのバケットハットを被りソファに座りあふれるオーラを誇った。その場でジェニーが渡したサングラスを粋にコーディネートさせ「さすがG-DRAGON」と感嘆させた。

G-DRAGON自らも満足だった。G-DRAGONはサングラスをかけて敬礼のポーズをしたり、自らの胸に手を当てるポーズを取りながら「これは僕に似合っているようだが」と述べ見る人々を喜ばせた。

ライブ放送の場所がTEDDYのレコーディングスタジオという点とG-DRAGONまで登場したという点をめぐりファンたちは「BLACKPINK」の新曲の作業現場ではないかという期待を高めている。これに先立ち「BLACKPINK」がニューアルバムの作業中だというニュースを知らせたためだ。

「BLACKPINK」の新曲にG-DRAGONが参加しているのではという関心が高まっている。ジェニーは以前G-DRAGONのソロ曲「Black」のフィーチャリングを務めタッグを組んでいたことがある。「BLACKPINK」とG-DRAGONのシナジー効果をファンたちが期待している。

この他にも「BLACKPINK」は世界的なポップスターのレディー・ガガのニューアルバムの10トラック目の「Sour Candy」に名を連ね話題を集めた。「BLACKPINK」とレディー・ガガは普段からもお互いの音楽を聞きファンになり視線に今回の作業を進めることになったと伝えられた。

早くから海外の有力メディアたちとグローバルな音楽ファンたちは2組の出会いに熱い関心を示した。ビルボードをはじめとした米CNN、フォーブス、ピープル、ピッチフォークなど主要外信たちはレディー・ガガと「BLACKPINK」のコラボに注目した。

一方、「BLACKPINK」は最近、YouTube再生回数2億回の達成に成功した「STAY」のミュージックビデオをはじめに、デビュー曲「WHISTLE」(4億回)、「BOOMBAYAH」(8億回)、「PLAYING WITH FIRE」(4億回)、「AS IF IT'S YOUR LAST」(7億回)、「DDU-DU DDU-DU」(11億回)、「Kill This Love」(8億回)、ジェニーのソロ曲「SOLO」(4億回)までこれまでリリースしたすべてのタイトル曲のミュージックビデオが2億回以上を記録することになった。