「東方神起」チャンミンが子供の日を迎え、新型コロナウイルスにより、苦しい状況に置かれている脆弱階層児童を助けるために5500万ウォンを寄付した。

 4日、児童福祉専門機関「緑の傘 子供財団」は普段から子供のために寄付活動を精力的に続けているチャンミンが、子供の日を控え、新型コロナウイルスにより、支援が必要な脆弱階層児童を助けるため5500万ウォンを寄付したと明かした。チャンミンからの後援金は、「緑の傘 子供財団」を通じて、脆弱階層児童110人に、新型コロナウイルス緊急生計費として支援する予定だ。

 チャンミンは「新型コロナウイルスにより、支援が必要な子供たちに、子供の日を迎え、少しでも力になることができるプレゼントを届けたかった」とし、「一日も早く、全ての子供たちが思い切り駆け回って遊べる日が来ることを切に願っている」と寄付理由を明かした。

 「緑の傘 子供財団」イ・ジェフン会長は「社会の疎外された子供たちを忘れず、こつこつと分かち合いを実践してくださるチャンミン様に感謝の気持ちを伝える」とし、「今回の後援金は新型コロナウイルスにより、生計維持が困難な家庭の子供たちのため、大切に使いたい」と伝えた。