「スタッフと共にできて、感謝の気持ちです。最後まで元気に、ドラマを締めくくれることを願いながら、僕の名前で良いことに寄付やボランティアをしてくれたファンに愛していると伝えたい」

 俳優パク・ヘジンが自分の誕生日を祝ってくれた全ての人と、誕生日を迎え、パク・ヘジンの名前で善行の先頭に立ったファンに心から温かい感謝のメッセージを送った。最近、MBC水木ドラマ「コンデインターン」の撮影現場で誕生日を迎えたパク・ヘジンはドラマスタッフ、ファンと感謝の気持ちを交わした。

 この日、同ドラマの制作陣はパク・ヘジンの所属事務所と共にパク・ヘジンのため、誕生日パーティーの準備に乗り出した。所属事務所が差し入れしたケータリングカーはもちろん、パク・ヘジンの国内外のファンが送った手作りハンバーガーカーやコーヒーカーが午前、午後に分かれ、現場スタッフに温かいご飯と飲み物を届けた。撮影現場には豊富な食べ物が準備され、パーティーの雰囲気が漂っていたという。

 全スタッフの拍手の中、誕生日ケーキをなんと4つももらったパク・ヘジンは大笑いをしながら、皆に感謝の気持ちを伝えた。また、欧州、フィリピン、タイなど各国のファンは新型コロナウイルスで、直接来られなかったので、自国の医療従事者のため、マスクとケーキ、お弁当などを届け、話題となっている。

 世界中のファンが同時に仕組んだように、自国の医療従事者に感謝の気持ちを伝え、韓国で「おかげさまチャレンジ」に参加したパク・ヘジンの気持ちをそのまま伝えた。このように、パク・ヘジンのファンらしいサプライズ誕生日パーティーで、温かい気持ちが続き、新型コロナウイルスで厳しい状況でも、多くの人の心に薫風を吹かせたし、パク・ヘジンは粛然とファンの気持ちに感謝を伝えた。

 現在、ドラマは8部の撮影が進行中で、5月20日午後8時55分にスタートする。