キム・ユジンPDが自殺を試み、病院に運ばれた中で、キムPDの家族が現在の状態について伝えた。

 キム・ユジンPDのいとこであるイ某氏は4日午後、電話通話でキムPDの状態について「現在、一般病室に移され回復中」とし「呼吸は(通常に)戻ったが、コミュニケーションはまだ不可能な状態」と話した。

 キムPDの意識かあるかについてイ氏は「まず意思疎通ができない状況」とし「家族みんな余裕がなく、今後の家族の立場をもう一度お伝えする予定」と明らかにした。

 消防当局などによると、同日午前2時52分頃、キム・ユジンPDの家族の申告が入った。午前3時02分頃、救急隊員が到着した当時キム・ユジンPDは意識が完全になくはなかったが、明瞭でない状態であったと伝えられた。以後キム・ユジンPDはこの日午前3時21分頃、近くの病院の緊急治療室に引き継がれた。

 キム・ユジンPDは薬物を過剰摂取したと推定され、現在では一般病棟に入院したことが確認された。病院側はキム・ユジンPDの意識回復するかどうかについて、「現在の一般病室に入院したという確認は可能な状態」と伝えた。

 キム・ユジンPDは、先月22日、学校暴力疑惑が浮上。イ・ウォンイルシェフと一緒に出演していた番組を自ら降板した。キム・ユジンPDとイウォンイルシェフは二度に渡ってSNSを介して手書き謝罪文を掲載したが、学校暴力疑惑を提起したあるネチズンの続く暴露に非難世論が続いている。