「BTS(防弾少年団)」JIMINの初ソロ曲「Lie」が、5日、ビルボード「ワールドデジタルソングセールス」チャートで2位を獲得した。

 「Lie」は先月28日、ビルボード「ワールドデジタルソングセールス」チャート4位に再ランクインした後、2階段アップの2位を記録し、逆走行後も上昇を続けている。

 2ndアルバム「WINGS」(2016)収録曲「Lie」は先月19日、YouTubeで行われたオンラインストリーミングフェスティバル「BANG BANG CON」を通じて、全世界のファンに公開。同時アクセス数が約200万人に達するほど、爆発的な人気を証明した「Lie」のステージは、2016年発表の曲が4年過ぎた2020年、各種チャートに再ランクインする底力を示した。

 「BANG BANG CON」でステージが公開された後、「Lie」は20日、米国Amazonのベストセラー1位、米国iTunesで急速に急上昇し、21日に140位を記録。 22日はサウジアラビア、24日はフィリピンのiTunesで1位となり、26日米国のiTunes Top 100 songsチャートで92位に再ランクインした。

 「BTS」ではメインダンサーとリードボーカルを担当しているJIMINの「Lie」のステージは名作中の名作として挙げられ、すでに世界中のファンの間で、レジェンドステージとして大きな人気を博し、愛されている。