「BTS(防弾少年団)」が、米国ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で36位を記録し、10週連続で上位を守った。

 5日(現地時間)、米国ビルボードが発表した最新チャート(5月9日付)によると、2月21日にリリースされた「BTS」の4thアルバム「MAP OF THE SOUL:7」は「ビルボード200」で36位にランクイン。3月7日に1位にランクインしてから、10週間上位をキープしている。

 「MAP OF THE SOUL:7」はリリースしてから2か月が過ぎたが、ビルボードのさまざまなチャートで好成績を収めている。「トップアルバムセールス」と「トップカレントアルバムセールス」で前週より2ランクアップの4位を獲得。「インディペンデントアルバム」4位、「テイストメーカーアルバム」8位、「ビルボードカナディアンアルバム」53位にランクインした。

 特に「BTS」は、「ワールドアルバム」チャートで1位(「MAP OF THE SOUL:7」)、2位(「LOVE YOURSELF結'Answer'」)、4位(「MAP OF THE SOUL:PERSONA」)、5位(「YOU NEVER WALK ALONE」)、10位(「LOVE YOURSELF轉'Tear'」)、15位(「BTS WORLD OST」)など6枚のアルバムをランクインさせた。

 「ワールドデジタルソングセールス」チャートも席巻。2ndアルバム「WINGS」の収録曲「Lie」と「MAP OF THE SOUL:7」のタイトル曲「ON」がそれぞれ2位と10位を獲得。「LOVE YOURSELF結'Answer'」の収録曲「Euphoria」がチャートに再ランクインし、12位を記録。「MAP OF THE SOUL:PERSONA」のタイトル曲「Boy With Luv(Feat.Halsey)」は5ランクアップして17位、「MAP OF THE SOUL:7」の収録曲「My Time」は22位を獲得した。

 さらに、「ソーシャル50」チャートで147週連続、177回目の1位を手にした。「史上最多1位」と「最長期間連続1位」の記録を続けている。