韓国女性歌手IUと「BTS(防弾少年団)」のSUGAがコラボした。2人のコラボというだけで注目を浴びたが、2人は“28歳”の気持ちを余すところなく表現した。

IUは6日の午後6時、新曲「eight」の音源とMVを公開した。

今回の新曲「eight」は「Twenty-Three」「Pallet」に続く“年齢シリーズ”で、“君”という仮想の人物と比喩を使って“私の28歳”を告白した短編小説のような曲だ。アナログな雰囲気とトレンドのサウンドの組み合わせが際立つバンドベースのポップロックで、IUとSUGAが作詞・作曲・編曲に参加した。

同い年である「BTS」のSUGAが音楽的に共感し、作り上げた曲として注目を集めている。所属事務所側は「2人のこれまでの音楽スタイルとは違う雰囲気の曲になる予定」とし、「同年代のミュージシャンが共感し、意見を出し合って相乗効果を発揮しながら曲にそれを溶け込ませていった」と説明していた。

「So are you happy now. Finally happy now are you」で始まる「eight」は、「全て思いどおりにしてきたけれど、挨拶もせずに去る。このままでは何も愛したくない。ボロボロになってしまった思い出のなかを旅して」と歌われている。

また「私たちはオレンジの太陽の下、影のないところで一緒に踊ろう。決められた別れなんてない。美しい思い出の中で会おう。お互いを枕にして寝そべろう。悲しくない話をしよう。憂うつな結末なんてない。私は永遠に記憶の中で君に会うForever young」、「こんな悪夢ならいつまでも覚めなくていい」という歌詞が続いている。

MVは「全ての記憶を保存したい」と目をつぶったIUの姿とともに、あちこちを迷いながら走る姿が描かれている。また竜に乗ったIUは涙を流しながら、永遠に覚めない夢から目を覚ましてしまう。軽快でさわやかなメロディーと異なり、IUとSUGAの低くて幻想的な雰囲気がギャップとなっている。

このように音楽業界の先輩後輩であり、同い年のミュージシャンとして活躍しているIUとSUGAが、共通点である音楽的な関心を音楽に溶け込ませている。28歳の気持ちを表して“Forever young”を歌った2人の呼吸は、胸を高鳴らせてくれる。