「SEVENTEEN」は、英国メディア「I-D」と単独インタビューを行った。

「I-D」は、音楽、ファッション、アートなど全般的な文化トレンドを扱う英国の有名な媒体で、6日(現地時間)、グローバルアイドル「SEVENTEEN」の音楽性と代表曲に焦点を当てた詳細なインタビューの全文を公開した。

メディアは「SEVENTEEN」のデビュー曲「Adore U」を「K-POPの中で最も優れたデビュー作の一つとし、ドギョムとスングァンのパワーボーカルは隙がなく完全だ」と好評し「VERY NICE」曲の作業についてウジは「本当に運命のように作られたものだ。楽しく活気のある歌にしようと努力した」と述べた。 「VERY NICE」の振り付けについてホシは「舞台をより面白くするために振り付けの先生とアイテムをブレインストーミングしサスペンダーを活用しようというアイデアが出てきた」と明らかにし、注目を集めた。

「Getting closer」についてバーノンは「僕たちの焦点は常に、本当のアーティストの姿を見せることにあり、発展するためには全く同じことはできないとメンバーすべてがそう思った。この曲は、僕たちのスペクトルを広げて、一歩進んだ」と言って音楽成長について言及した。

また、「HIT」の誕生秘話についてS.COUPSとウジは「強力で壮大な何かを作りたいと議論し、曲の躍動的なパフォーマンスを見せたいという方向だったので、トラックに多くの努力を注いだ」と述べた。加えて、曲が「自由」を内包しているだけに「自由」についてジョシュアは「僕たちの音楽と公演は、僕たちが望むものをすること自体が僕たちのための自由と定義できる」と所信を表わした。

「I-D」は、「『SEVENTEEN』のアルバムは、常に13人のメンバーたちの感性を盛り込んだ道のりにあり、『HIT』を通じて彼らの創造性に注目せざるを得ない」とセブンティーンの音楽思想と変化に惜しみない賛辞を送った。

最後に、「毒:Fear」について「SEVENTEEN」は「この曲は、率直な感情と創造混乱の中で誕生した。これから僕たちが追求しなければならない方向、地位、将来など圧迫感があった。私たちは常に恐怖の壁を壊すため前に進んでいたが、割れない壁の前に立つこともした。その内面の心がこの曲に込められている。多くの方々が考えている「SEVENTEEN」の姿と違ったと思うが、実際これはも僕たちのアイデンティティだ」と率直な心境を明らかにした。

「この曲は、『SEVENTEEN』の過去と現在の感情を表現しているのでお話ししたかった。僕たちの考えは、成熟したし、僕たちの視点は広くなった。 『毒:Fear」』、僕たちの最大の変化の一つであり、良い結果を招いたと確信を持って言うことができる」と確固たる信念と自信を見せた。

媒体は「SEVENTEEN」の注目すべき5曲を説明し、メンバーのインタビューを扱った記事を掲載しており、「SEVENTEEN」について「ただ一夜で浮上したセンセーションではなく、K-POP内で力があるグループとして、彼らは作曲、プロデュース、完璧な公演で国内外で好評を得ておりポップ、ファンク、バラード、ヒップホップなど、引き続き創造性を発揮し、曲の成功とは関係なく、一つの枠に安住しない」と説明し絶賛した。