※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。
7日放送されたMBC水木ドラマ「その男の記憶法」で、ヨ・ハジン(ムン・ガヨン扮)がイ・ジョンフン(キム・ドンウク扮)を慰める姿が描かれた。

この日パク・スチャン(チャン・インソプ扮)は出勤するイ・ジョンフン(キム・ドンウク扮)に、「私は巨大なスクープを一つ取った。何か気にならない? 」と刺激した。

チェ・フィサン(チャン・ヨンナム扮)は、イ・ジョンフンにユ・ソンヒョク(キム・チャンワン扮)が出した本を渡し、「お前の主治医ではないか。これは完全にあなたの話だ。ロビーにアリの群れのように集まったのを見た? この本の主人公があなたと確信して集まってきたのだ。あなたも知らなかった話なら主治医を一度訪ねて」と心配した。

ユ・テウン(ユン・ジョンフン)は、ユ・ソンヒョクにより被害を受けているイ・ジョンフンを訪ねて申し訳なさを伝え、ヨ・ハジンもヨ・ハギョンを通じて本を渡された。

ヨ・ハジンは、本の内容を見た後にヨ・ハギョン(キム・スルギ扮)に 「どうやって医師が患者の情報を勝手に公開することができるのか。人々にまたアナウンサーが変だと思われたらどうするのか。」と心配した。続いてイ・ジョンフンを訪ねた。

イ・ジョンフンは、自分のためにプレゼントを準備したヨ・ハジンに、「もしかして本を読んだのか。だから、私を慰めに来たのか」と尋ねるとヨ・ハジンは、「こんなのが慰めになるかわからないが思うよりも人はすぐに忘れる。だから、あまりに辛く思わないで欲しい」と慰めた。

続けてイ・ジョンフンに「午前1時に、このようなデートも悪くないだろう。デートコースもちゃんと組み立てられた」と言うと、イ・ジョンフンにキスしてヨ・ハジンは、「これもコースだ。最後のコース」と微笑んだ。これにイ・ジョンフンは、「一番気に入っている。最後のコース」と答えた。