「M.I.B」出身ラッパーYoung Cream(本名キム・ギソク)が麻薬類管理に関する法律違反の疑いで立件された。

7日午後、ソウル警察署によると、ラッパーYoung Creamは、ソウル付近の建物で、女性の通報を受けて出動した警察に緊急逮捕された。Young Creamは、その女性をずっと追いかけていた。

また、Young Creamは不動産関係者に「ビルを買う」と名刺を置いていく異常行動まで見せ、衝撃を加えた。

警察は酒の匂いがしないにも関わらず異常行動を見せたYoung Creamの薬を服用を疑った。警察は麻薬簡易検査で大麻の陽性反応を確認。緊急逮捕されたYoung Creamは警察の調査で「好奇心から大麻を喫煙した」と述べたと伝えられた。

現在、警察はYoung Creamの大麻流通経緯を調査中。

Young Creamは、2011年にKangNamが属していた「M.I.B」でデビューし、2017年まで活動した。Young Creamは、チームが解体後、2018年までソロアルバムを発売した。