CJ ENMとBig Hitエンターテインメントが合作し披露するプロジェクト=観察型リアリティ「I-LAND」で、”第2のBTS(防弾少年団)”を育成する。このプロジェクト「I-LAND」が、初のティザー映像を公開しベールを脱いだ。

 「I-LAND」はCJ ENMとBig Hitエンターテインメントが昨年3月に設立した合作法人「BELIFT」の初プロジェクト。両社は、グローバルK-POPアーティスト発掘と育成のためBELIFTを設立した。グローバル音楽市場で影響力をもつコンテンツ企業の出合いが、設立当初から話題を集めている。

 プロジェクト「I-LAND」は、次世代K-POPアーティストを誕生させる過程を見守る観察型リアリティ番組として来る6月、Mnetを通じて放送される。

 CJ ENMのコンテンツ制作力と、「BTS」の生みの親=パン・シヒョク代表を筆頭にしたBig Hitエンターテインメントのアーティストプロデュースのノウハウが結合された新たな概念のプロジェクトとなる。

 既存の音楽番組では見ることのできなかった独特な世界観に加え、出演者による様々な形態のコラボレーション過程に期待が高まる。