韓国歌手ソ・イニョン(35)が、スクールゾーンの表示がある車道のど真ん中で写真を撮影。SNSに写真を投稿し、物議を醸している。

 ソ・イニョンは7日、自身のSNSに数枚の写真を投稿。この写真を見たネットユーザーらは、ソ・イニョンが撮影した場所が道路のど真ん中で、かつスクールゾーンである点を指摘した。

 この写真の場所は、ソウル・清潭小学校前の「子ども保護区域(スクールゾーン)」で、ソ・イニョンはポーズをとっている。

 最近、スクールゾーンでの事故が多発していることから、厳しい法令が施行されている中、ソ・イニョンの写真は「軽率」との指摘を受けても仕方のない状況だ。

 この指摘を受けて、所属事務所は「ソ・イニョンがスクールゾーンにおける自身の無断横断を認識できていなかった。大変申し訳ない」と公式謝罪した。

 一方、ソ・イニョンは物議をかもした後、SNSから該当写真を削除した。