MBCイム・ヒョンジュアナウンサーが、フェミニズムに対する所信を明らかにした。

イム・ヒョンジュアナウンサーは9日、自身のインスタストーリーを通じてフェミニズムに関するTED(テッド)講演映像と一緒に「私も理解しているところです」という文を残した。

続けてイム・ヒョンジュアナウンサーは、「なぜフェミニズムというトピックが熱い中で、理解と議論が行われるよりも無条件に非難の対象になるのか、誤解する点は何なのか、あるいはその名前に負担を持たなければならないか、本質的には何なのか、固定観念は置いて一緒に理解しています」と伝えた。

先月29日、イム・ヒョンジュアナウンサーはMBC「ラジオスター」に出演した。イム・ヒョンジュアナウンサーは、「女性らしい」という表現を使うMCに「最近では、『女性らしい』『男性らしい』というような言葉を使ってはならない。それが偏見を作る」と指摘して話題になった。

以降、ネットユーザーたちの悪質な書き込みが殺到すると、イム・ヒョンジュアナウンサーは3日、悪質な書き込みに対する法的対応を予告した。イム・ヒョンジュアナウンサーは、「虚偽事実流布罪、侮辱罪等スクリーショットを証拠として残す。善処はない」という内容の警告文を公開した。