「CRAVITY」が「JUMPER」のランダムスピード振り付けに挑戦した。

所属事務所STARSHIPエンターテインメントは8日、公式NAVER V LIVEチャンネルYouTubeチャンネルを通じて、「CRAVITY」のデビューアルバム「CRAVITY SEASON1.[HIDEOUT:REMEMBER WHO WE ARE]」のサブタイトル曲「JUMPER」のランダムスピードverの振り付け映像を電撃公開した。

この日、ラフな衣装で爽やかではつらつとしたビジュアルを披露した「CRAVITY」はランダムスピードで再生される「JUMPER」に合わせて振り付けを披露し、機転溢れる魅力を思う存分発揮した。

まずはじめに「JUMPER」の従来の速度に合わせて完璧な振り付けで強烈かつパワフルな魅力を発散したのもつかの間、数倍速くなった音楽に戸惑い、右往左往し、見る人の笑いを誘った。メンバーたちは少し慌てたが再び速度を合わせ、いち早くパフォーマンスを維持して経験豊富なダンスを遺憾なく発揮した。

速度に適応して振り付けを披露した彼らは、たちまち数倍遅くなった速度に噴き出し、賑やかな雰囲気を作り出した。笑いと共にパフォーマンスをしている「CRAVITY」は再び振付に集中してフォーメーションの再整備に乗り出し、数回繰り返したスピードの変化を迅速に習得し、まぶしい群舞消化力を見せ、振り付け映像を和やかに終了した。

独特な振り付け映像で見る人々に楽しみをもたらした「CRAVITY」の「JUMPER」はジュホン(MONSTA X)が直接プロデュースした自作曲で、新人たちの覇気溢れるオーラが詰め込まれた。これをもとに「CRAVITY」は独歩的なカリスマから明るくて愉快なエネルギーまで様々な魅力を発散し、2020年を輝かせる新鋭の動きを見せている。

一方、「CRAVITY」(セリム、アレン、ジョンモ、ウビン、ウォンジン、ミニ、ヒョンジュン、テヨン、ソンミン)は“自ら閉じ込めた枠組みや規則を破る”というテーマで世の中に向かって投げかける9つの青春のメッセージを盛り込んだタイトル曲「Break all the Rules」で活発な音楽活動を続けている。