韓国女性グループ「KARA」出身のパク・ギュリが、新型コロナウイルスの感染者が出た梨泰院のクラブを訪問していたことが分かった。そんななか、一部でパク・ギュリがクラブに行った後にテレビ番組の収録に参加した疑惑が持ち上がっていたが、事実でないことが明らかになった。

パク・ギュリは11日、午後、所属事務所を通じて「社会的距離をとる期間に皆が守るべき規範を守らなかった点について深く反省し、申し訳ないとお伝えしたい」と伝えた。

パク・ギュリはヨンイン(龍仁)市の感染者A氏が梨泰院のクラブを訪問した2日に同じクラブにいた。その後7日に「女性アイドルが梨泰院のクラブにいた」という報道がなされ、パク・ギュリであることが分かった。

これに対してパク・ギュリは 「入場時から(店を)出るまでずっと着用していた」と釈明した。また「感染者の記事が出た日にすぐ、検査を受けて陰性判定が出た後、現在、自宅隔離中だ」とし「改めてお詫び申し上げる」と謝罪した。

それでも一部のオンラインコミュニティではパク・ギュリがクラブで感染者が出たあともビューティー番組の収録に参加したと主張する人がいた。7日にパク・ギュリがビューティー番組「ビューティー&ビュー」の収録に参加している姿が写った写真が記事として出回ったからだ。

そして「パク・ギュリが出演の事実を隠しているのではないか? 」と批判するネットユーザーも登場した。しかしパク・ギュリ側は7日以降に収録に参加したことはないと釈明した。

パク・ギュリ側はOSENに「4日前に収録をした事実はない。最後の収録が4月24日だった」とし、誤解であることを伝えた。

またパク・ギュリは、新型コロナウイルスの感染者が発生した当日、区役所から連絡がある前に自ら検査可能な診療所を訪れ、陰性判定が出てからは現在まで自家隔離中であることを強調した。