「サンガプ屋台」のユク・ソンジェがOST歌唱に参加し、ドラマ没入度を高める。

4日午後6時、全音源サイトを通じてJTBCドラマ「サンガプ屋台」OST Part.2ユク・ソンジェ「愛は思い出に似て」が発売される。

甘くて辛い現実200%反映したエピソードで視聴者たちの熱い共感を呼び起こしている「サンガプ屋台」はウォルジュ(ファン・ジョンウム)と世子の悲劇的な運命、カンベ(ユク・ソンジェ)とヨリン(チョン・ダウン)の特別なケミストリーで人物間の関係に対する関心が加えられている。

このうちに発売される2ndOST「愛は思い出に似て」は愛する人への切ない心をさっぱりとして、純粋に伝える歌詞が印象的な曲で、不器用な初恋の震えとときめきを思い出させる。

手に負えなく大きくなっていくという気持ちを表現するように後半にドラマチックに突き進むメロディーと感情線が交わって感動を加えた、カンベ役を演じたユク・ソンジェが歌唱し、さらに真正性を込めた。

この曲は、「太陽の末裔」、「椿咲く頃」のOSTを作業したドラマOST界の巨匠音楽監督アリが作詞と作曲を、人気プロデュースチームZigZag Noteが編曲を引き受けて劇の雰囲気と完全に交わる完成度高い音楽を誕生させた。

ユク・ソンジェは最近ソロスペシャルアルバム「YOOK O’clock」でアーティストとして多彩な魅力を誇った事があり、今回の「サンガプ屋台」OST「愛は思い出に似て」でもずば抜けた歌唱力を披露し、外見と演技力はもちろん、歌唱力まで備えた万能エンターテイナーとして浮上している。