「I-LAND」のプロデューサーを務めるパン・シヒョク、Rain(ピ)、ジコが団結した。

26日午後に放送されたMnet「I-LAND」では志願者23人の話が始まった。

先にナムグン・ミンがストーリーテラーとして登場した。ナムグン・ミンは「I-LAND」について説明した後、プロデューサー軍団パン・シヒョク、Rain、ジコを紹介した。

ナムグン・ミンは23人の志願者について、「彼らの成長過程は全世界が見守る」「誰が卵を破って出て来るでしょうか」と期待感を盛り上げた。

さらに、パン・シヒョク、Rain、ジコが出会った。Rainはパン・シヒョクについて、「高校の時、私がお兄さんにオーディションを受けた。恐ろしい存在だった」と回想した。逆にパン・シヒョクはRainについて、「リスペクトする存在だった」と答えた。

特にパン・シヒョク、Rain、ジコは“I-LAND”の空間について感嘆をこぼした。“I-LAND”は番組だけの為に設立された3,000坪規模の超大型複合専用空間だ。従来の番組とは異なる形式で行われる叙事とストーリーテーリング、志願者らの成長まで完成させることができるように計画されて設計された。未来志向的なデザインの見た目も目立つが、練習室、住居空間、可変型の公演ステージまで“I-LAND”の中で全てのことができるように内部も完璧に備えた。