歌手のパク・ヒョンジュン(82)さんがこの世を去った。享年82歳。

アメリカに居住していたパク・ヒョンジュンさんは、最近脳出血が再発し闘病していたが、今月22日に死亡した。

パク・ヒョンジュンさんは1960年代に米軍クラブのステージに立ち人気となり、1962年に「松の道」をリリースし正式デビューした。また故キル・オクユン(日本では吉屋潤)さんが作曲したヒット曲「初恋の丘」で有名になった。

彼は1963年にイ・ハンピル、チェ・ヒジュン、ユ・ジュヨンとともに韓国初の音楽グループと呼ばれる「Four Clovers」を結成し活動もした。

その後1983年にアメリカに渡り生活を送っていた。