26日の公開から早くも大ヒット中のBLACKPINKの新曲「How You Like That」。公開から約32時間で1億回再生し、Youtubeで公開された動画の中で史上最速で1億回再生を突破したとして世界記録も達成した。
本日はそんなBLACK PINKの「How You Like That」のミュージックビデオについて、衣装やセットチェンジの部分に注目してみる。

BLACKPINKは、他のK-popガールズグループと比べてー線を画す存在であるだろう。その理由の一つが、彼女たちを“「最強」ガールズ”に魅せるすべての演出力である。楽曲とパフォーマンスのレベルの高さ、彼女たち自身の魅力はもちろん底知れないが、そこに付随するミュージックビデオ、ヘアメイクや衣装、BLACKPINKを構成するすべての表現的な要素にトップレベルの美しさと強さが共存しており、それが他のどんなアイドル・アーティストも真似できないと思わせる「最強」のオーラを放つ役割を担っている。
マーケティング力とともに、クリエーティブ力の高さが、BLACKPINKというグループを現在のポジションに押し上げるのに一役買ったと言えるだろう。

今回の「How You Like That」のスタイリング。
「Kill This Love」でも印象的だったストーンやスパンコールを使ったメイク、新しく取り入れられたトレンドの前髪ブリーチヘアなど、独創的かつ最先端のヘアメイクは見逃せない。さらに気になったのは、一曲の中で着用する衣装と空間セット数の多さだ。

実際に数えてみた。

全体衣装で4種類。
続いて個人衣装の数。まずはJENNIEとJISOO。



それぞれ2種類の衣装チェンジ。
次にROSEとLISA。



ロゼのブラックの衣装は冒頭に出てきた全体衣装と同様に見えるので、割愛すると、こちらもそれぞれ2種類のチェンジ。

つまり全体・個人合わせて、1曲のミュージックビデオの中で1人当たり6種類の衣装を着用していることがわかった。他のガールズグループとざっくり見比べると、平均的に全体・個人それぞれ少なくとも1種類ずつは多そうだ。
予算などの問題もあるため、人数の多いグループと比較することは一概に平等とは言えないが、きらびやかな衣装が多く出てくることは、やはり作品のクオリティ向上に影響を及ぼすと言える。そして、メンバーひとりひとりの個性が、複数の衣装によって多面的にアピールできるのも強い。

また、衣装と合わせて空間演出と美術セットがガラッと変わるので、見ていて惹きつけられる部分が何度もある。とても魅力的である。

改めてBLACKPINKのラグジュアリーなイメージを楽しめる楽曲となった「How You Like That」。どこまで記録を更新し続けるか、まだまだ楽しみである。1年以上ぶりのカムバックの活動に、引き続き目が離せない。