韓国男性グループ「AB6IX」が4人編成になり、ジコ(ZICO)のプロデュースでより“VIVID”になった。

「AB6IX」は29日、各種音楽サイトで2nd EP「VIVID」を発表した。昨年10月に発表した「6IXENSE」から約8か月ぶりのカムバックだ。

「AB6IX」だけのカラーと雰囲気で「ファンとひとつになって、世界をより鮮明で濃く色づけていく」という意志を込めたアルバム「VIVID」は、デビューEP「B:COMPLETE」とフルアルバム「6IXENSE」で定義され完成した「AB6IX」だけのカラーを、言葉どおりより“VIVID”に見せられるハイクオリティな音楽でいっぱいだ。

「AB6IX」は今回のアルバムでもヒップホップ、シンスポップ、ファンクポップ、エレクトロポップ、R&Bポップ、ディープハウス等、様々なジャンルの音楽を完璧に表現し、より深まった自分たちの色を加えて、無限の成長の可能性を改めて証明することに成功した。

ジコ(ZICO)がプロデュースした今回のアルバムのタイトル曲「THE ANSWER」は、キャッチーなベースのリフと、曲に合わせて変奏していくギターサウンドの上に、個性的がメロディーが載った楽しいファンクポップ曲だ。ストレートでセンス溢れる歌詞もリスナーの共感を呼んでいる。全く理解できない相手の気持ちを得たいとう切実な内容になっている。

その他にも「AB6IX」のメンバーの情熱と豊富を見せてくれる、強烈なヒップホップの「RED UP」、鮮明さを見せているセンシティブなシンスポップの「VIVID」、メンバーの幻想的なボーカルと、トレンドに合ったラップが特徴のドラマチックなエレクトロポップの「SURREAL」、アコースティックギターリフの上に独特な振るロックサウンドを載せたR&Bポップの「MIDNIGHT BLUE」、なめらかで洗練されたサウンドのディープハウスの「HOLD NIGHT」まで、どれも聞き逃せない収録曲がアルバムを彩っている。

「AB6IX」は今日午後8時にMnetとM2デジタルチャンネルで放送される「『AB6IX』カムバックショー『VIVID』」をとおしてタイトル曲の「THE ANSWER」を含む新曲のパフォーマンスを披露してくれる。