韓国男性グループ「BTS(防弾少年団)」の悪質コメントを書きこんだ人に対して罰金刑が言い渡され、一部の被疑者は検察に送致されたことを、所属事務所のBigHitが発表した。

以下「BTS(防弾少年団)」の所属事務所BigHitエンターテイメントの発表、全文。

こんにちは。

BigHitエンターテイメントです。

当社は「BTS(防弾少年団)」に対する名誉棄損、侮辱、セクハラ、虚偽の情報の流布、悪意的な誹謗等を含む悪質コメントを作成した人を対象に、定期的に法的対応をとっています。これに関連した進行状況をお伝えします。

当社はファンの皆さんからの情報提供とモニタリングで集めた証拠資料をもとに、捜査機関に告訴状を提出しました。主な証拠対象は各種オンラインコミュニティ、ブログ、ブログのコメント欄、その他SNS、ポータルサイトのニュースのコメント欄、応援サイトのコメント欄などです。

以前行った告訴のうち一部被疑者は罰金刑を言い渡され、残りの被疑者の捜査も進行中です。調査中の被疑者が代理人を立て、合意を求める事例がありましたが、原則に従って見逃すことはできないとの立場を伝えました。

特に長期にわたって「BTS(防弾少年団)」に対する悪質コメントを作成した人の情報は既に収集して警察に提出し、そのうち一部は警察の調査で犯罪の疑いが認められ、検察に送致され処分を待っている状況です。もし裁判所の判決が出たあとにも犯罪行為が認められた場合、追加告訴はもちろん、強力な民事上の損害賠償請求まで行うつもりです。

悪質コメントに対する法的対応は当社の法務チームの主観で行い、専門法務法人との緊密な連携のもと行われております。第三者が提起した告発は被害者であるアーティスト本人の警察出頭と調査が原則で、個人または団体等、第三者告発については会社レベルで連携することが難しい点は、ご理解いただけると幸いです。また事件別に告訴状を提出して、事件が終結するまで少なくとも数か月から1年という長い時間が掛かります。よって、多少時間が掛かっても、アーティストの権利侵害に対する当社の対応意思は確固たるものなので、ご理解ください。

当社は常時悪質コメントのモニタリングを行い、持続的に証拠を収集しており、また悪質コメントの通報や削除の作業も同時進行しています。今後もBigHitの法的対応アカウントに情報提供をお願いします。

「BTS(防弾少年団)」へのファンの皆さんの愛情と気持ちにいつも感謝しています。

アーティストの権利保護のため、たゆまぬ努力を続けていきます。