有名ベテラン俳優A氏のマネージャーとして従事していたキム氏がパワハラ疑惑を暴露した。

29日に「SBS 8ニュース(以下、8ニュース)」は「有名ベテラン俳優A氏のマネージャーとして従事していたキム氏が2か月間俳優の家族たちの雑用まで一手に引き受ける使用人のような生活をした」と報道した。

「8ニュース」の報道によるとキム氏は今年3月にある就職サイトで、芸能人マネージャーの採用広告を見て志願した。有名なベテラン俳優A氏をサポートするという事実に喜んだが、マネージャー業務の他にA氏の家のごみ分別収集をし、配達されたミネラルウォーターの箱を家の中に移すなど、雑多な使いまで引き受けるようになった。A氏の妻はキム氏に暴言まで吐いたと伝えられた。

キム氏がA氏のマネージャーとして仕事をしながら2か月間週末を含む休日はたったの5日で、平均週55時間以上働いたが、休日や残業手当はなかった。キム氏がもらったのは基本給の月180万ウォン(約18万円)が全部だった。結局キム氏は仕事を始めて2か月後に解雇された。

「8ニュース」側は、「キム氏は勇気を出してA氏に直々に苦情を打ち明けたが、再び挫折した。A氏はキム氏の訴えに『その前にいた人たちもみんなそうしてくれた。追加勤務をするが勘案して(家事まで)みんな手伝ってくれた。これまで僕の仕事をしてきた人たちは4大保険などひとつもない』と述べた」と報道した。

また「8ニュース」側は、キム氏以外に以前A氏のマネージャー業をしていたB氏も取材した。B氏は役者志望生だった。彼は取材陣に「雑用までさせるのにあまりにも意地悪をした。夢を利用されたのだ」と伝えた。

A氏はこれに対して「8ニュース」の取材陣と会い、「マネージャー採用と解雇は僕と何ら法的関係がない。ただキム氏が解雇された時、道義的に100万ウォン(約10万円)を与えた」と明らかにした。