ウォノの公式ファンクラブ名が「WENEE」で最終確定した。

ウォノは29日、公式ネイバーVライブチャンネルで行われたライブ放送を通じて公式ファンクラブ名を発表した。

ウォノは、「いよいよファンダム名を発表した。長い時間一緒にいる名前だからたくさん悩んだ。お待たせして申し訳ない」と最終的なファンクラブ名が「WENEE」に確定されたことを発表した。

公式ファンダム名「WENEE」は、「We need」と「We are new ending」の略で、「私たちはお互いに必要な存在」という意味と「新しい結末」という意味を含んでいる。

公式ファンクラブ名を確定したウォノは「ファンダム名を直接選んだ。スタッフの方は、他のきれいな名前をオススメしたが、私は強く『WENEE』にしようと言った」とファンクラブの名前の満足感を隠せなかった。

最後にウォノは 「本当に久しぶりに『WENEE』の皆さんと一緒にVライブだった。短い時間でしたが、今後もよく会うだろうから惜しまないでいてほしい。他のコンテンツで引き続きお会いする」とファンに向けた愛情を誇ってライブ放送を終えた。

ウォノは先月、米国の音楽ビジネスマネージメント社MAVERICKとのマネジメント契約のニュースを伝えたことがある。MAVERICKは1992年の世界的なミュージシャンマドンナが創立した会社で、2014年のライブネーションとのパートナーシップ締結で、音楽マネジメントグループに再誕生した。エアロスミス、マドンナ、リル・ウェイン、ポールマッカートニー、U2、ザ・ウィークエンドなどが主なアーティストに所属している。

ウォノは最近スターシップ傘下レーベルと専属契約を結んでソロアーティストとして本格的な活動を予告した。