※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 29日に放送されたJTBCドラマ「夜食男女」11話では、ジンソン(チョン・イル)がアジン(知英(ジヨン))に思いをぶつける様子が描かれた。

 ジンソンの告白に衝撃を受けるテワン(イ・ハクジュ)は「本当にすごく考えて作った場なのに、兄さんが悪い」と言って席を立った。ジンソンはテワンが受けた傷を思うと申し訳ない気持ちでいっぱいだった。翌日、謝るためにテワンのところに行った。「傷つけてごめん」とし、嘘をつくしかなかった事情を明かして心から謝ると、テワンの気持ちも落ち着いた。

 ところがテワンに「だからどうするつもりなの」と聞かれても、ジンソンは答えられなかった。“自分一人だけ傷ついて終わる問題”ではなかったからだ。父(オ・マンソク)は「全て自分が無能のせいで起きたことだから胸がつぶれる」と自分を責め、ジンソンも心を痛めた。このように真実を明かしたが多くの人が傷ついてしまう状況にどうしたらいいか悩んだジンソンは、大事な人を守るためにすぐにBistroを売ることを決心した。

 ジンソンの複雑な気持ちを知らないアジンは夜食チームとサプライズの誕生日パーティーを準備した。酒が進むとノPDがゲームをしようと提案し「好きな人はいますか? 」という質問に、ジンソンは「いる」と答えた。「その人は僕が好きだとは思っていない。僕が告白したらその人が傷つく」という告白にはアジンへの真剣な気持ちがこもっていた。みんなが帰った後、ジンソンは酒に酔って倒れるように彼女を抱きしめ「ゴメン」と謝った。アジンは確実な意味は分からなかったが、自分に向けたような言動に混乱した。

 アジンは「パク・ジンソンはゲイではありません」という暴露文を再び読みながら過去を振り返った。番組降板の理由について「実は僕はゲイでは…」と言っていたこと、番組に出る前までゲイだと全く思えなかったこと、「夜食男女」の出演料に突然関心を見せたことなど、全てがパズルのように合い、やっとアジンはジンソンがゲイではないことを確信できた。

 アジンはジンソンが嘘をついたことよりも「全てを隠そうと満身創痍だろうに、それでも『夜食男女』が正規の編成にならないと思い、私を心配してだましたんだ」と思って胸を痛めた。全ては自分の過ちだというジンソンには「あなたがすっごく憎い。全てがうまくいかないかとすっごく怖い。だけど今はそれよりもあなたのほうが心配。これまであなた一人で心を痛めていたかと思うと、それがすごく申し訳ない」と打ち明けた。胸が張り裂けそうなジンソンは「最後まで自分勝手だと思うけど、キム・アジン、君を愛してる」と我慢していた気持ちを告白した。二人は涙を流しながら抱き合ってキスをし、気持ちを確認し合った。