バンド「DAY6」のJae(ジェイ)がメンバー間の差別待遇を指摘し、所属事務所のJYPエンターテイメントに不満を吐露した。

30日にJaeは自身のSNSにコメントを掲載し、「最近になってポッドキャストもやったし、Facebookにファイティングしたこともあり、88risingというコラボもやったが、どうして僕がやる活動はいつも(ネットに)アップしてくれないのか」と不満を提起した。

「DAY6」は先月ニューミニアルバム「THE BOOK OF US:THE DEMON」をリリースしたが、一部のメンバーの心理的不安症状により、バンド活動を一時中断したことがある。その後何人かのメンバーたちは個人活動を続けている。

以下、「DAY6」のJaeが掲載したコメント全文

最近になってポッドキャストもやったし、Facebookにファイティングしたこともあり、88risingというコラボもやったけれど、どうして僕がやる活動はいつもアップしてくれないのだろう? 

YouTubeも私はあらゆる悪口を言われながら、顔色を伺いながら、謝ってやっと許可を得て、1人ですべて行い、結局「事務所の人たちがよく(好意的に)見ない」という意見で「JaeSix(YouTubeチャンネル)」を辞めることになったのに、どうして他のメンバーはマネージャーの方々がスケジュール表も作ってくれて、事務所がコンテンツ費用も手伝ってくれて、事務所の職員の方々のサポートを受けながらよい待遇でできるのだろうか?