俳優のユ・アインが100万人突破の公約を守った。

ユ・アインは30日午後、自身のSNSに「オ・ジュヌの過去 #生きている #100万公約 #カツラ公開」という文を掲載した。

これと共に公開した写真にはユ・アインがカツラをつけたまま横に顔を向けてカメラを見つめている姿が盛り込まれている。どんなヘアスタイルも完ぺきにこなすユ・アインだ。

これに先立ちユ・アインは動画サービス「V LIVE」を通じて100万人の観客動員の突破した際の公約を掲げていたことがある。ユ・アインは「『#生きている』は100万人の観客を突破したら、ジュヌ(ユ・アインが演じた主人公)の元々のヘアスタイルを公開する」と明かしていた。

そして実際に100万人の観客を突破した後、カツラをフィッティングした写真を公開し、約束を守った。

一方、今月24日に公開した「#生きている」は公開初週だけで70万2965人の観客を動員し、公開5日目に累積観客が106万人を突破した。今年2月に新型コロナウイルス感染症の拡散により、映画界の低迷が始まって以来、5か月ぶりに公開して初めての週末で100万人の観客を突破した作品が誕生し、意味深い結果となった。