「BTS(防弾少年団)」がビルボードのメインアルバムチャートで18週連続で名前を上げた。日本正規4集タイトル曲もビルボードチャートに進入し、強大なグローバルな人気を立証した。

6月30日(現地時間)、米国の音楽専門メディアビルボードが発表した最新のチャート(7月4日)によると、「BTS」が2月21日に発売した正規4集「MAP OF THE SOUL:7」は、「ビルボード200」で49位を占めた。このアルバムは3月7日のチャートで1位にランクインした後、18週連続でメインアルバムチャート上位圏を守っている。

また、「MAP OF THE SOUL:7」は「ワールドアルバム」2位、「インディペンデント・アルバム」、「テイストメーカーアルバム」5位、「トップアルバムセールス」、「トップカレントアルバムセールス」8位など上昇した。

「LOVE YOURSELF 結 ’Answer’」も「ビルボード200」チャートで124位を記録し、「ワールドアルバム」3位、「インディペンデント・アルバム」15位など、2018年8月発売以来、着実にチャートに名を連ねている。

特に、先月19日に先行公開された日本正規4集「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」のタイトル曲「Stay Gold」が今週多くのチャートで良い成績を収めた。 「バブルアンダーホット100」9位をはじめ、「ワールドデジタルソングセールス」1位、「デジタルソングセールス」6位、「リリックファインドグローバル」9位、「カナディアンデジタルソングセールス」15位を占めた。

5月22日、SUGAがAgust Dとして発表した第二のミックステープ「D-2」も「ワールドアルバム」チャートで8位を記録し、5週連続トップ10を維持しており、タイトル曲「daechwita」は、「ワールドデジタルソングセールス」で先週より1段上がった11位を記録した。