主演映画「#生きている」が公開5日で観客動員数100万人を突破し、新型コロナウイルスの影響で停滞していた映画界で、初の100万人突破という明るい話題を届けている俳優ユ・アイン。

 6月19日(金)と26日(金)に放送された人気バラエティ「私は一人で暮らす(邦題「シングル男のハッピーライフ」)」(MBC)で、3階建ての“アインハウス”や日常の姿をありのままに公開。同番組の歴代最高視聴率は12.9%だが、19日は12.7%、26日は12.0%とそれに迫る勢いの高視聴率をマークし、その人柄も大きな話題を集めた。

 個性的で独特な雰囲気を持ち、高い演技力でどんな役も演じ分けられることから“カメレオン俳優”と呼ばれているユ・アインが、バラエティに出演すること自体、珍しい。しかも、自宅まで初公開。いくら映画のPRとはいえ、そこまで私生活をさらけ出すとは、と思っていたが、実はこの番組への出演はユ・アインからの提案だったという。

 「#生きている」でジュヌという役を演じているが、ジュノのような人物なら、バラエティ出演もありうると自分から言ったとか。「#生きている」と自然につながると思ったし、出演したら面白そうだと思ったそうで、「私は一人で暮らす」への出演が実現したのだ。

 19日の放送では、起床の様子から公開されたが、なんといっても、5年住んでいるという自宅のすごさに目を奪われた。まるでドラマに出てくる財閥御曹司の部屋のように、1階は広々としたリビング、ダイニングルーム、モダンなキッチン、ワインルームに庭。2階はメインの作業室、ドレスルーム、3階は寝室、大きな洗面所ともう一つのドレスルームがあるのだ。

 ちなみに、3階のドレスルームには1階のキッチンまで行くのが大変ということで冷蔵庫まで置いてあり、2階には猫専用の洗面所まで。“成功者の家”そのものだった。ただし、1つだけないものがあった。それがホームエレベーター。

  階段を使うしかないため、ユ・アインは家の中で、階段を昇ったり降りたりの繰り返し。しかも、そそっかしいところがあるそうで、よく物を忘れたりするので、そのたびに何往復もし、息をはぁはぁさせていた。5年間、階段の昇り降りで体が痛くなったというユ・アインは「カッコつけて、全部大理石にしてみたけれど、韓国人には合わない。それを反省するために、番組に出演した」とユーモアたっぷりに話した。

 朝は屋上で、紫外線を浴びないように、帽子を深くかぶって日光浴。そして、洗顔、髭剃りをした後、体重を測り、たんぱく質の粉末を入れたさつまいもシェイクを一気に飲み干すと、パソコンでメッセージの確認、そしてエゴサーチまで。エゴサーチは1日3回ぐらいしているそうだ。

 その後、車を運転して向かった先では運動を。映画「ドクター・ストレンジ」で有名な俳優ベネディクト・カンバーバッチがしている「アレクサンダー・テクニーク」という運動法だそうで、番組放送後、これが検索ワードに浮上するほど、関心を集めた。

 26日の放送では、スーパーで買ってきた食材で、夕飯作りをする姿も。食材の下ごしらえが終わると、ふと思い出したように、愛猫2匹の爪切りやシャンプーをした後、本格的に料理を開始。雨が降っているので、その気分に合わせ、つまみのような「つぶ貝のそうめん」と「ホバク(若取りかぼちゃ)チヂミ」を作り、ビールと一緒に食べ始めた。ところが、途中で箸を置き、窓の外をボーッと眺めていたかと思ったら、急に傘をさして外出し、散歩へ。その過程でも、階段の昇り降りがあり、また息をはぁはぁさせ、途中で休憩する場面も。

  自宅に戻ると、引っ越しを準備しているそうで、靴や服の整理を始めたが、またも途中でやめ、段ボールを出したかと思うと、また途中でやめるという繰り返しで、どうやら、生活においては1つのことを最後までやりきるタイプではなさそうだ。そういうところがイメージとのギャップがあり、親近感がわいてくる。

 その後、食べかけだった「つぶ貝のそうめん」を持って、ホームシアターで映画を鑑賞。俳優の演技をじっくり見たいからと0.5倍速で、好きなシーンを繰り返し見るという独特な見方で映画を楽しんでいたユ・アイン。

 今回の番組出演で、自分の日常をモニタリングしながら、「間違いも鏡を見たら分かるように、こんなに息遣いが荒いんだなということが分かりました(笑)」と話し、自分を客観的に見られるし、番組名は「私は一人で暮らす」だが、一緒に暮らしているような気分になれるからすごくいいと感想を伝えた。

 また、俳優はお金を稼げるので、同年代より贅沢かつ派手に暮らせるが、その分、責任を負わないといけないとも言っていたが、話し方に嫌味がなく、俳優としてのプライドも垣間見せた。

 29日の放送後は、「ユ・アイン 息遣い」が検索ワードに浮上。ファンの間では、「運動不足なのではないか」、「鼻炎か、何か病気があるのかもしれない」と心配する声も挙がるなど、何をやっても話題になり、注目される俳優ということだ。エゴサーチをするユ・アインだから、おそらくファンの心配の声も届いているだろう。