アン・ヨンミと交際中だった彼氏が婚姻届を提出した。

アン・ヨンミは3日夜、YouTubeチャンネルVIVO TVで公開された映像を通じてこのように明らかにした。

映像には「メディアラップSISO」専属契約記念の記者会見コンセプトで、先に移籍したシン・ボンソンとキム・シンヨンが一緒に出演した。キム・シンヨンはヨンサン(龍山)区庁で婚姻届を出したアン・ヨンミと彼氏の写真を公開した。

アン・ヨンミは「正式に2020年2月28日に婚姻届を提出した」と明らかにした。アン・ヨンミは「隠さなかった。会う人に全て話したが、マスコミに出なかった。誰も気にならなかった」と話した。

アン・ヨンミは「今、夫が4か月間アメリカに行っている。4か月目の生き別れ中だ」として、現在は新婚生活を楽しめない状況だと付け加えた。アン・ヨンミが直接夫にビデオ通話をかけたが繋がらず、最後まで愉快な笑いを届けた。セレブファイブのメンバーたちはこの事実をすでに知っているとし、一緒に撮ったパーティーの写真も公開した。

アン・ヨンミは2015年から一般人の彼氏との熱愛を明らかにして公開的に愛情を表現してきた。2人はあるラジオ番組でゲストとリスナーとして電話をし縁を結んだ後、恋人に発展した。アン・ヨンミはこれまで様々なバラエティ番組で彼氏との恋愛エピソードを明かして話題を集めており、昨年8月には親しいカン・ユミが結婚した際、ブーケを受け取った。

一方、2004年KBS 19期公採コメディアンとしてデビューしたアン・ヨンミは2009年KBS 2TV「ギャグコンサート」の“楽屋のカン先生”を通じて爆発的な人気を得た。以降、tvN「コメディビッグリーグ」や「SNLコリア」などで独歩的なバラエティ感と多芸多才な姿を申し分なく散し、人気の女性お笑い芸人となった。現在、MBC「ラジオスター」でMCを務めるなど、活発な活動を続けている。