「BTS(防弾少年団)」RM、ジン、SUGA、J-HOPE、ジミン、Vが大学院生となる。

「BTS」の所属事務所側は7日、「RM、SUGA、J-HOPEは昨年3月、漢陽サイバー大学大学院広告メディアMBAに入学して在学中だ。ジミンとVは9月に漢陽サイバー大学大学院広告メディアMBAに入学する予定」と明らかにした。

関係者は、RM、SUGA、J-HOPE、ジミン、Vの大学院進学の理由について「メンバーたちに学業の意志があって選択したもの」と説明した。

漢陽サイバー大学大学院は、これに先立ち、2017年にジンが入学したところだ。グローバルサイバー大学に在学中のジョングクを除けば、9月中に「BTS」全員が同窓生になる。

RM、SUGA、J-HOPE、ジミン、Vの大学院入学ニュースはファンだけでなく、大衆も深い関心を見せている。メンバー7人のうち6人が同じ大学院に入学すること自体が異例の上、グローバルスターとして誰よりも忙しいスケジュールを控えた「BTS」が学業をおろそかにしない点が注目を集中させる。

「BTS」は、このような動きを介して外的達成はもちろん、内面の成長まで一緒にした。すでに自他共に認めるワールドスターに生まれ変わった彼らはMBAまでも一緒に目指し、別の成長史を書く予定だ。

また、アイドルは芸能界の活動にさらに集中するために大学進学を断念する場合が多いが、このような傾向の中で、「BTS」は、別の道を提示する。「BTS」が仕事と勉強、二兎を捕まえるという意志を表わしたのは、多くの人々に手本になる。

一方、「BTS」は15日、日本4thアルバム「MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY〜」を発売する。これに加え、現在の新しいアルバムを作業中であり、公式SNSなどを通じてファンたちと疎通している。