歌手ソンミが新曲「pporappippam」の好評の中引き立つ美貌で「ソロクイーン」の底力を見せている。

大衆音楽評論ウェブマガジン「IZM」は、最近発売されたソンミの新曲「pporappippam」について、「ぴったり必要な要素だけで説得力のあるように完成した大衆志向曲。これまで作ってきた自分の色を逃さなかった面でダブル勝利」と好評を残した。

ソンミの「pporappippam」は、国内最大音源サイトメロンでも評価4.1を記録し、リスナーたちに多くの愛を受ける「名盤」に挙げられている。そうそうたる音源強者が名前をあげた各種音源チャートでも安定して上位を維持してロングランの兆しを見せている。

これと共にソンミは活動中、紫メイクで視線をひきつけた。公式SNSを通じて公開した写真の中でソンミは紫色のカラフルなドレスを着たまま、たるみのないスマートなスタイルを表わして注目を集める。

シティポップのレトロな要素を生かしたメイク、ヘアスタイルでも多くのファンの関心を集めているソンミは、過去のアルバムより一層成熟した魅力的でビジュアル更新を誇示した。

ソンミの新曲「pporappippam」は、ソンミが直接作詞し、FRANTSと共同作曲して発売前から話題を集めたことがある。 「pporappippam」は、魅力的な想像を刺激するシティポップジャンルの曲。ソンミが、自分が夢見る愛の短編を夢幻的に解いたこの曲は、愛のすべてを感覚的に描写する。

ソンミは所属事務所移籍後「Gashina」、「Heroin」、「Siren」の3部作で連続興行に成功し、「ソロクイーン」になっている。大衆に多くの愛を受けたソンミの曲はすべてソンミが作詞、作曲に参加し、自分の音楽的成長を証明した。

破格的な舞台パフォーマンスと掌握力、確かなコンセプトで大衆の心をひきつけて「ソンミポップ」という新造語が誕生し、自分だけのアイデンティティをしっかりと盛り込んだ音楽で独歩的な動きを見せている。

最近ソンミは、Web芸能、SBSヒューマンドキュメンタリー番組に出演し、多方面で活躍した。 舞台の上カリスマとは異なり、人間ソンミの魅力を発散しており、初MCに挑戦し安定した進行で好評を得た。

ソンミは先月29日、新曲「pporappippam」を発売して活発な活動を繰り広げている。