「GFRIEND」が魅力的な「清涼魔女」で戻ってきた。破格的なコンセプト変身はもちろんのこと、さらに成長したビジュアルと音楽性まで、もう一度「信じ聞くGFRIEND」として大衆の前に立った。

13日午後、ネイバーVライブを介して「GFRIEND」のカムバック記念ファンショーケース「回:Song of the Sirens」がオンライン生中継された。

まず、ソウォンは「早くカムバック準備を開始した。早くみなさんに聴かせたいと思って早く会いたい気持ちで本当にときめいた。活動を楽しく一緒にしてもらいたい」とカムバック所感を明らかにした。

MCパク・ソヒョンは「GFRIEND」に、カムバックまでの5か月間の近況を尋ねた。「GFRIEND」は、口をそろえて「カムバック準備」を叫んだ。ユジュは「実は私たちは今回のアルバムを長い期間準備した。最近の記憶に残るのはアルバムの準備だけである。BUDDY(ファン)を本当にずっと待っていた」と述べた。

続いてオムジは、「メンバー全員似ている。本当に早く準備を開始した。準備する期間が長いから、カバー曲のようなものもあげたりもして、メンバーたちの個人SNSもできて、ファンの方々とのコミュニケーションもして過ごした」と話していた。

シンビとソウォンはカムバック準備の一環として、運動を開始したと発表した。シンビは「カムバック準備をすべきだから運動を始めた。私もカバーダンスをしようとダンスの練習をした。申し訳ない。まだない」と言って笑いを誘った。

「GFRIEND」は、この日の午後6時、各種音源サイトを通じて新しいアルバム「回:Song of the Sirens」を発売した。 「回:Song of the Sirens」は、今年2月に発売された「回:LABYRINTH」以来5か月ぶりの新譜であり回シリーズの第2話だ。

ソウォンは「回:Song of the Sirens」に対して、 「誘惑の前に揺れる少女の話を盛り込んでいる。ギリシャ神話に登場して美しい声で船乗りを死に至らしめたセイレーンの声を持って来て、誘惑と揺れを表現した」と述べた。

タイトル曲「Apple」はギター演奏と8分の6拍子のシャッフルグルーヴベースのスラップベース、90年代の香りを感じることができるPCMシンセ、トレンディな感じのボーカルチョップが絶妙に調和したポップジャンルの曲だ。

オムジは「『Apple』は、これまでお見せしたコンセプトとは全く違うメロディだと感じている。既存に表現していたかすかな情緒や激情的なメロディーとは別の方法で、レトロで中毒性が強いと思う」と説明した。

続いて、「選択をした少女が、自分がした選択が崩れるのを経験し、何かに誘惑されて内的葛藤を経験する話を表現したもの」と「Apple」に込められたメッセージを伝えた。

特にタイトル曲「Apple」には、メンバーウナとユジュが参加して意味を加えた。加えて、「GFRIEND」はアルバム全般に参加し、さらに成長した姿を見せた。

オムジは「私は作曲するときのようなトラックにどんなメロディーが出てくるか気になった。メロディーメイキングを終えて、メンバーに共有する瞬間が一番面白かった。他のものから離れ、沢山勉強になった時間だった」と述べた。

ユジュは「(作曲を)習ったことはない。地面にヘディングするように試みてみた。もともと、私は何か長く集中ができないスタイルだ。歌の練習も可能な限り2時間までだ」とし「歌詞とメロディ作業は昼12時から開始して、時計を見ると、夜10時だった。私はこのように集中力がある人だったことが新鮮な衝撃だった」と話した。

「GFRIEND」は、群舞と歴代級パフォーマンスで毎回話題を集めてきた。シンビは「Apple」の振り付けについて、「リンゴの木ダンスとリフレーンのキャットウォークが特徴だ。私たちが好きな振り付けの1つだ」と説明した。続いて、「派手なメイクから堂々とした振り付けまで過去の『GFRIEND』の舞台で見ることができない姿を見ることができる」と自信を見せた。

夏カムバックが多かった「GFRIEND」は、今回も7月にカムバック大戦に参加した。ソウォンは、「GFRIEND」と夏の相乗効果を問う言葉に、「メンバーたちがさわやかで明るい感じをたくさん出す。私たちのチームのイメージが皆さんの疲れた夏に、力になったらという心で熱心にした。そんな姿をきれいに見ていただいたようだ」と答えた。

特にソウォンは今回のカムバックのために食事管理にも力を注いだとして目を引いた。ソウォンは「3日ほどきつい食事をした。炭水化物を一切食べずトマト、キュウリだけ食べた。ところが、イェリンが『ジャージャーメン』、『ラーメン』こんな感じで誘惑した。誘惑のような存在だ。ジャージャーメンも食べたくて涙が出た。マネージャーさんがメディアショーケースが終わるやいなや頼んでくれた。終わってすぐ走って行って食べた」と伝えた。

「GFRIEND」は、今回のアルバムを通じて破格的な変身を敢行した。特に最も目立つヘアスタイルのウナは、「初めての金髪を試みた。最初に聞いた時は、絶対に嫌だった。しかし、見てみると気に入って大丈夫」と話した。続いて赤で頭を染めたシンビは「前のアルバムからしたい髪の色だった。まさにタイトル曲が「Apple」だった。本当に似合っていると思う」と満足感を表わした。

1位公約では、「舞台でリンゴ潰し」を掲げ爆笑をもたらした。メンバーのうち握力が強いユジュは、「リンゴを割る日が来るまで熱心にする」と明らかにした。 MCパク・ソヒョンは「リンゴを1口かじる」と言及し、メンバーはパク・ソヒョンの提案をすぐに受け入れた。

この日の「GFRIEND」のショーケースは、開始からハートの数2億個を突破、彼ら人気を実感することができた。「GFRIEND」は、ハートの数2億7千万個で、ショーケースを終えて、今後の歩みと成績の期待をさらに高めた。