「TWICE」が日本の新しいシングル「Fanfare」でオリコン週間シングルチャートはじめとする各種チャートを席巻した。

14日、オリコンによると、8日に発売した日本シングル6集「Fanfare」はオリコン週間シングルチャート(2020.07.06〜;2020.07.12)1位に上がった。新譜は7日あたりオリコンチャート10万8796ポイントを記録したのに続き、発売初週17.7万ポイントを達成した。

「TWICE」はシングル1集「One More Time」、シングル2集「Candy Pop」、シングル3集「Wake Me Up」に続いて通算四番目にオリコン週間シングルチャート1位を獲得した。

13日、ビルボード・ジャパンは「Fanfare」が初週20万8778枚の販売高を記録し、ビルボード・ジャパントップシングルセールス(2020.07.06〜2020.07.12)1位にランクしたと発表した。

また、新しいアルバムは、日本レコードショップのタワーレコード全店総合シングルチャート(2020.07.06〜2020.07.12)1位になった。

「Fanfare」は、活気に満ちた歌詞と若々しいメロディーが特徴で、「TWICE」本来のポジティブなエネルギーが含まれている。「TWICE」は正式発売に先立ち、先月19日にプロモーションの一環として、新曲のミュージックビデオと音源を先行公開した。

新しい歌「Fanfare」は、ラインミュージックトップ100週間チャート(2020.06.17〜2020.06.23)の上位を握って発売前から多くの注目を集めた。

「TWICE」は、日本で発売するアルバムごとに25万枚以上の出荷を記録した作品に授与されるプラチナアルバム認証を受けた。

2017年6月に発表した日本デビューベストアルバム「#TWICE」から10月の最初のシングル「One More Time」、2018年2月にシングル2集「Candy Pop」、5月にシングル3集「Wake Me Up」、9月に正規1集 「BDZ」、2019年3月のベスト2集「#TWICE2」、7月にシングル4集「HAPPY HAPPY」、シングル5集「Breakthrough」に続き、11月に正規2集「&TWICE」までの9連続プラチナを獲得した。

新譜「Fanfare」は、活気に満ちた歌詞と若々しいメロディーが特徴で、「TWICE」本来のポジティブなエネルギーが含まれている。13日基準で、アルバム出荷27万1640枚を突破し、10連続プラチナ認定への成り行きが注目されている。

近年では、日韓累積アルバム販売量で驚異的な数値を達成し、強大なアルバムパワーを立証した。韓国アルバム販売高526万枚に、日本で発売した10枚のシングル、アルバム出荷量384万枚加わって910万枚以上の販売高を上げた。