韓国ガールズグループ「赤頬思春期(BOL4)」の所属事務所ショパールミュージックは14日、公式ホームページを通じて「最近所属アーティスト『赤頬思春期』の根拠のない虚偽の事実、悪意のある誹謗、セクハラなどのアーティストに向けた誹謗文と名誉毀損性のある投稿のためにアーティストが被る精神的な被害が激しい状況だ」と明らかにした。

所属事務所は、「これ自体の監視とファンの方々からの情報提供をもとに継続的に証拠資料を収集し、法務法人を介して捜査機関に告訴状を提出した」とし、「現在捜査進行中であり、継続して証拠資料補完と追加告訴を進行する予定だ」と説明した。

また「悪質な記事には合意や善処なく、強固な法的措置をとる」とし「今後も積極的なアーティストの保護のために最善を尽くしたい」と付け加えた。