グローバル生活文化企業CJ第一製糖のインスタントご飯ブランドと、カルチャーマガジン「1st Look」が俳優のカン・ハヌルと新しいコンセプトのグラビア撮影を行った。グラビアは年初から始まった新型コロナウイルス感染症により外出を自粛しざるを得ない最近のライフスタイルにスポットを当て、ステイホームの日常にウィットを取り入れ、さまざまなスタイルを披露している。

「実際に僕が家から出ないタイプだ。作品がない時は家でほとんど何もせず過ごしている。ただヨガをし、本を読み、むしろ1人でいる時にもっと自由に多くのことを考えることができるので、僕は家にいるのが好きだ」

ヨガをして、座っているグラビアのテーマは実際のカン・ハヌルの“ステイホーム生活”を反映した設定だ。

このように家の中にいる時間が長くなったために、食事を準備し食べなくてはならないことは、まさしく“仕事”になった。ステイホーム中の栄養をバランスよく盛り込んだ手軽なインスタントご飯は、俳優カン・ハヌルも家でよく食べる“食料”。インスタントご飯を買っておけば、気持ちが本当に心強いという。

グラビアの撮影現場でカン・ハヌルは、格別なマナーを発揮しながら優れたポーズを取った。容易でないコンセプトもすがすがしくこなしたという彼のプロらしい姿はさすがだ。スタッフや俳優を問わず、気軽に楽しく撮影に臨み、現場は友人たちが集まる立食パーティーの現場のようだった。

撮影の途中に登場し、カン・ハヌルのグラビアを手助けし、tvNドラマ「賢い医師生活」に出演した子役俳優のキム・ジュンの表情演技も圧巻だった。いたずらをしていても撮影が始まると、いつものように持ち前のシックな表情に移入する6歳の子どもの姿は、ギャラリーたちを驚かせた。

撮影後、カン・ハヌルはCJ第一製糖のインスタントご飯「ヘッパン」ひとつをすべて空にするグラビアのメイキング映像を撮影した。韓国のり、明太子、ウロンテンジャン(タニシの味噌)においしそうに「ヘッパン」を混ぜて食べるカン・ハヌルの名演技とグラビアは、本日(8/6)「1st Look」のSNSアカウントを通じて公開される予定だ。