韓国ガールズグループ「NeonPunch」が解散後、新たに戻ってくる。

 所属事務所A100側は11日「NeonPunchのユニットグループXUMのデビュー日まで間もない中、苦心の末にNeonPunchの解散の知らせを伝える。多くの方が待っていてくださった完全体は、これ以上見ることができなくなり、心から申し訳ない気持ち」と伝えた。

 続けて所属事務所側は「2019年5月にカムバックを約束し一生懸命準備に励んだが、会社の経済的な状況悪化、そして2メンバーの活動中断により、日付が持続的に延期された。また新型コロナウイルスの余波や様々な状況により、NeonPunchを維持するのが大変だと判断、公式的に解散することになった」と付け加えた。

 また「活動を中断したメンバーのドヒは一身上の理由で依然として活動するのが困難な状況であり、メイは本人の意思により、学業に専念しており、休息期を取っているため、今後の活動に対する計画は未知数」と説明。

 最後に所属事務所側は「待っていてくださるファンの方々と活動予定のダヨン、ベカ、イアンのために、XUMの再デビューは必ず約束したい」とし「これまで3年間、当社と共にしてくれたNeonPunchのメンバーに感謝を伝え、今後のメンバーの活動に大きな応援と激励をお願いする」とし、「XUM」への応援も呼びかけた。

 先立って「NeonPunch」は2018年「MOONLIGHT」でデビュー。2019年「Tic Toc」を発売し、多様なコンセプト消化力を立証した。

 一方、「XUMthing Unlimited Move」の略で、「無限の動き」という意味を込めて戻ってくる「XUM」は8月中に再デビューする。