ドラマ「太陽の末裔」でブレイクし、「ドクターズ」、「被告人」などヒット作に多数出演してきた俳優キム・ミンソクが除隊後初めて、バラエティ「シックスセンス」(tvN)に出演。9月17日(木)放送の第3話にゲストとして登場し、レギュラー陣のユ・ジェソク、オ・ナラ、チョン・ソミン、Jessi、ミジュ(LOVELYZ)から大歓迎された。

入隊前と変わらぬ童顔イケメンの顔立ちは健在。「軍隊に行ってきました」と除隊報告をしたキム・ミンソクに、レギュラー陣たちが真っ先に関心を示したのが、除隊を控えたある日、キム・ミンソクが盗撮犯を捕まえたと話題になったニュースだ。キム・ミンソクの話では、妹を盗撮していると思い、友人でもある社長と協力して、犯人の携帯電話を奪ったのだとか。ところが、その携帯電話には写真フォルダーがなく、おかしいなと思っていたら、犯人が隠していた写真フォルダーに、2年間も盗撮していた写真が入っていたという。メンバー一同驚愕し、キム・ミンソクの武勇伝に拍手を送るオープニングトークで、番組はスタートした。

今回のテーマは「異色のチキン」。鶏の足からとさかまで盛り付けた「ワンプレートチキン」、チョコレートとチキンを混ぜ合わせた最強の甘じょっぱい「チョコレートチキン」、シェフではなくロボットが作る「ロボットチキン」の3店舗から、偽物を探し当てるミッションだ。

メンバーたちは店舗をくまなく回り、怪しいところをチェック。そんな中、子供の頃、あだ名が「刑事」だったというキム・ミンソクはチキン店に行くたびに、「名探偵コナン」のように鋭いまなざしで推理を展開。本人は至って真剣だが、「名探偵コナン」のBGMが流れ、コナン風にCG処理までされていたため、どう見てもキュートな探偵だ(笑)。さらに、オ・ナラとJessiから、バラエティなのに「話し方が遅い」、「声が小さい」などダメ出しを受け、除隊後初の洗礼(!? )に焦るなど、どこかコミカルな姿も見せていたが、にぎやかな女性陣の中にいても存在感を示し、絶妙なトークの返しで、ブランクがあるとは思えないほどだった。

そんなキム・ミンソクは自信ありげな推理を展開していたので、最終的に偽物を見破ることができるかと思いきや、偽物の「ワンプレートチキン」を当てられず、なんと今回罰ゲームをするハメに。偽物を当てられなかった人は、眉毛を消すメイクの罰ゲームが課せられ、これまでJessiとチョン・ソミンがオープニングで眉毛のない顔を披露してきたが、キム・ミンソクはゲストのため、自身のInstagramにその写真をアップ。

放送日の17日、キム・ミンソクは「これからは刑事ごっこをしながら、ふざけないで、一生懸命演技をする俳優になるよう頑張ります。罰ゲームとして、眉毛を消した写真と共に、先輩たちとの思い出を数枚掲載してみました。面白くない僕をリードしてくださった制作陣の皆さんと先輩たちに改めて感謝申し上げます。眉毛がないから、人間ではないですね。ハハハ」というコメントと共に、衝撃的なビジュアルを披露。除隊早々、キュートに笑いを届けたキム・ミンソクだった。ちなみに、この写真を見たJessiが「それでもイケメン!」と書き込んでいるが、まさにその通りだ。

なお、この日は本業の俳優としても、同名ウェブ漫画を原作にした映画「シャーク」の主人公に起用されたことが報じられた。除隊後初のスクリーン復帰作となるため、どのような姿を見せるのか、注目されている。