※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 25日に放送されたKBSドラマ「オ!サムグァンビラ」12話では、ピッチェウン(チン・ギジュ)がジェヒ(イ・ジャンウ)に感謝の気持ちを伝える様子が描かれた。

 ジェヒは、ファクセ(イン・ギョジン)が働く店に立ち寄り、一緒に入ってくるピッチェウンとナロ(チョン・ソンウ)に出会った。和気あいあいとした雰囲気で店に入ってきた二人を見つけ、三人で話をすることになった。

 ピッチェウンが席を外した時、ジェヒとナロが酒対決をした。ナロはジェヒにピッチェウンが好きなのか聞くと、ジェヒは「お前こそ、うちのデコちゃんが好きなのか?初めて会った時から分かってた」と答えた。ナロは「そうだ。だからってどうするつもりだ?」と挑発し、酒対決をした二人は泥酔して家に戻った。

 翌日、目覚めたジェヒはピッチェウンに「どうしてナロを支えたんだ」と嫉妬すると、ピッチェウンは「酒に酔ったふりをしたの?」と聞かれて急いでその場を立ち去ったが、結局また会ってしまった。

 ピッチェウンはジェヒにナロを助けてくれてことについて感謝した。ジェヒは「ピッチェウンさんが一人で抱えているようだったから手伝いたかった」と言うと、ピッチェウンは「私が事務所のことを手伝っているから、恩返しするコアラなの?」と言いながら、改めてジェヒに感謝した。