飲酒運転で摘発された韓国俳優ペ・ソンウが起訴相当の意見を付けて検察に送致された。

 29日、ソウル・カンナム(江南)警察署によると、ペ・ソンウは道路交通法違反(飲酒運転)容疑で起訴相当の意見を付けて検察に送致された。

 去る10日、ペ・ソンウが飲酒運転で摘発されたという事実が遅れて伝えられた。ペ・ソンウが飲酒運転で摘発されたのは先月だとわかった。当時、彼はSBS金土ドラマ「飛べ小川の竜」(原題)の撮影がない日に知人と酒を飲んだ後、運転して摘発された。血中アルコール濃度は免許取り消しレベルだったことがわかった。

 ペ・ソンウは所属事務所を通じて「弁明の余地がないわたし自身の責任を痛感している。全ての叱責を受け入れて、深く反省する」とし「今後二度とこのようなことが起きないよう、全ての面で慎重になり、自粛する」と謝罪した。

 所事務所側も「理由を問わず、ペ・ソンウと所属事務所は弁解の余地なく、責任を深く痛感している。今後決まった日程について一緒に働く多くの関係者の方々に最大限被害が及ばないよう迅速に方法を講じる」と述べた。

 ドラマ「飛べ小川の竜」側はペ・ソンウの降板を決定。ペ・ソンウの代役として俳優チョン・ウソンが投入された。チョン・ウソンは「飛べ小川の竜」を通じて8年ぶりのドラマに出演することになった。