デビュー10周年を記念してファンとの出会いを控えているスジの自作曲「Oh, Lover」の映像が先行公開されて、ファンミーティング兼コンサートへの関心が高まっている。

カカオMは1月23日(土)午後7時、カカオTVを通じて独占生中継されるスジのデビュー10周年アンタクトファンミーティング兼コンサート「Suzy:A Tempo」を控え、舞台で披露されるスジの自作曲「Oh, Lover」の映像をカカオTVと公式SNSを通じて先行公開した。これまでスジのSNSを通して他の演奏と練習過程が少しずつ露出され、好奇心が高まってきた中で、この日公開された映像は、ファンの知りたい事を解消させるとともに、ファンミーティング兼コンサートへの期待感をより一層極大化している。

映像の中のスジは、爽やかで青い花畑に座ってギターを演奏し、直接作詞、作曲した新曲を歌っている。真冬の寒さまで溶かすようなスジの女神ビジュアルと、成熟したミュージシャンとしての魅力が目と耳を離すことができなくする。自然にウェーブしたヘアスタイル、楽なブラウスとジーンズ姿のスジは、ビンテージな色味のエレクトロニックギターを持ったまま、カラフルな飾りがなくても早い春が来たようにときめきを醸し出す美貌を誇って視線をひきつける。

今回の「Oh, Lover」の映像は、18日に公開した「Yes No Maybe」2021年版の映像の中の魅力的ながらもセクシーな容貌と相反する、ロマンチックな雰囲気でも注目されている。ファンミーティング兼コンサートで繰り広げられる多彩なパフォーマンスが続々とベールを脱ぐうち、スジが披露する多様な姿への期待感が高まり、残り1週間も残っていない実際の舞台をより一層楽しみにさせる。ファンと率直な心を交わす10周年トークなど色とりどりに飾られるプログラムは、スジの魅力を多角的に照明し、ファンにとって忘れられない特別な時間になる見通しだ。

特に、今回の自作曲は、スジが、ファンへの感謝を込めて舞台を披露するために情熱を込めて準備した曲という裏話。スジの清潔で清らかな音色と叙情的なメロディーがよく交わる一方、先行公開映像の中の歌詞は、スジが映像を見ているファンを思いながら一字一字直接書いた丁寧な手書き文字でもファンの愛が伝わってくる。また、「Oh, Lover、あなたはまるでflower / Oh, Lover、二つの目はstars / Oh, Lover、笑う時はrainbow」、「I do not think I can live without you」など恋に落ちた人の視線で眺める美しい世界を歌う歌詞には、ファンに向けた愛情がたっぷり込められてファンミーティング兼コンサートの舞台でも穏やかな感動をプレゼントする予定だ。

スジのファンミーティング兼コンサート「Suzy:A Tempo」は、新型コロナによりファンとの直接的なコミュニケーションが困難な時期、10年間受けたファンたちの愛に報いるために特別に準備した場だ。 「A Tempo」は「本来の速さで」という意味で楽曲の途中で一時的に変化していた速度を本来のテンポに戻すことを意味し、デビューした後、今まで忙しく走ってきた時間を振り返って、今後どんな速度の変化にもぶれず、今のスジで一緒にするという意味を含んでいる。

MMAなどの超大型規模の年末授賞式からライブカムバックショーまで、様々な音楽コンテンツを企画、制作してきたカカオMのミュージックコンテンツ制作局が企画と総演出を引き受け、舞台の上の「アーティストスジ」の姿を見せる計画だ。今回のプログラムは、23日(土)午後7時カカオTVを通じて、国内および北米で独占ライブで公開され、日本ではニコニコライブ(niconico live)、その他の海外地域では、世界中の2,600万人の加入者を保有している世界的なK-POPメディア「1theK Originals」公式YouTubeチャンネルを通じて生中継される。