AKB48グループが1月18日(土)から1月26日(日)の9日間、TOKYO DOME CITY HALL(以下、TDCホール)にて「AKB48グループ TDCホールライブ祭り」を計16公演を開催する。

SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート>
2日目となった19日(日)にはNMB48に続いて名古屋・栄を拠点に活動するSKE48が出演。公演タイトルは「SKE48 選抜メンバーコンサート 〜私たちってソーユートコあるよね?〜 」と題して、浅井裕華、荒井優希、井上瑠夏、江籠裕奈、大場美奈、鎌田菜月、北川愛乃、熊崎晴香、 佐藤佳穂、末永桜花、須田亜香里、惣田紗莉渚、高畑結希(※「高」は「はしごだか」が正式表記)、高柳明音、竹内彩姫、野島樺乃、日高優月、 古畑奈和、松井珠理奈の19名がステージに登場した。

セットリストでは出演メンバー19名によるソロステージが展開された。

SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート> SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート> SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート>
1月15日にリリースした最新シングル『ソーユートコあるよね?』で選抜メンバーに初抜擢された7期生の高畑結希。彼女がソロで披露したのは自身初のセンター楽曲『人生の無駄遣い』。ブラックを基調とした大人クールなMV衣装でステージに登場し、縦横無尽に動き回るソロパフォーマンスに“ポンコツ”と言われる普段の高畑とは違う気迫さに満ち溢れたステージングを展開。楽曲の終盤には長尺のライトセイバーを手にし、光と闇の狭間を生きる某騎士のような刃筋で魅了した。

SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート> SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート> SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート> SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート>
高畑はSKE48に加入する以前はOLとして社会人生活を送っていた。7期生の中では最年長だが同期の中では“ポンコツ”扱いされる場面もしばしば。せっかく覚えたフリも本番で間違えたり、MC中のやり取りにポンコツさが垣間見える瞬間も。しかし、それは高畑の努力家の一面とありのままの自分を見せる事のできる強さの裏返しだ。毎週金曜日に自身のSHOWROOMで欠かさず配信している「プレミアム高畑デー」からも、実直な姿勢がファンに支持される魅力だとわかる。

SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート> SKE48 高畑結希、ライトセイバーの刃筋で新たな魅力を切り開く!<SKE48選抜メンバーコンサート>
『ソーユートコあるよね?』のシングル選抜では「初選抜最年長記録」を更新。現在の目標は「30歳で初センターになれるように、最年長記録を目指したいです」と宣言している。終演後、高畑は自身のツイッターを更新し、「初めてのカップリングセンター曲。 サイリウム沢山で嬉しかったです ライトセーバーと光でカッコよく アレンジしてみました 緊張した! どうでしたか?ポンコツに見える?見えないよね」とコメントを投稿。新たな魅力を引き出した高畑の2020年に注目していきたい。