ここ数年、《腸活》=《腸内環境(フローラ)を整える》など腸は健康維持に注目され重要とされていますが、そもそも"腸内環境"とは何か?ちなみに"腸内フローラ"は、顕微鏡で腸内を覗くと、お花畑のように観えることが所以とのこと。
腸には、約1000種類600〜1000兆個もの腸内細菌が存在し、大きく善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つの種類に分類されます。善玉菌は免疫力を高めたり、腸のぜん動運動※を活発にして排便を誘発するなどのよい働きをする一方、悪玉菌は病気や体調不良などの悪い影響を及ぼすとされています。日和見菌は腸の状態によってそのどちらか強い方の菌に味方をする特徴があります。 腸内環境(フローラ)を整えるには"善玉菌を優勢に維持する"ことが大切と言えるわけです。では、この腸内環境(フローラ)バランスを整えていくためにはどうしたらよいのでしょう?大きく2つに注目します。
※消化された食べ物が、腸の伸びたり縮んだりの繰り返しで腸内を移動し、体外へ排出させる動き。

①食生活
・善玉菌を含む"発酵食品"を摂ること。 納豆やヨーグルト、キムチ、チーズ、味噌、などのように乳酸菌、ビフィズス菌、酵母菌、麹菌などが含まれる食品です。
・また善玉菌のエサとなる"食物繊維やオリゴ糖"を一緒に摂取する。 ゴボウ、人参、ブロッコリー、ほうれん草、海藻類、キノコ類、大豆、バナナなど。

②自律神経のバランスを整える
"脳腸相関"という言葉があるように、脳にストレスを感じると腸に不調をきたし、腸が病原菌に侵されることで脳に不安感をもたらしてしまうのです。脳へのストレスを軽減させるためにも、適度な運動(※前回配信した免疫力を高めるトレーニング参照)と良質な睡眠を取ることも重要ですので、ぜひ実践してみてくださいね。
食生活においては、実際に3食のバランスを考えたりするのも大変ですよね。食事だけでは補えない部分もありますし、それを毎日3食作るのも大変。普段から私は潔くサプリメントを活用しています。サプリメント選びも重要ですが、良いものに出会えれば、食事で摂る以上の効果と何より手軽さを感じられるはず。コストは日3食手料理で用意するよりはかかるかもしれませんが、その価値はあると私は思っています。サプリメントを上手に生活の中に取り入れていければ、それも1つのストレス軽減に繋がるのかもしれないですね。 私が今実生活で取り入れているサプリメントで"腸活"にとてもお勧めのものをご紹介しておきますので参考までに。

【美容コラム】“美容コンディショニングトレーナー”那口絵理の 免疫力UP!"腸内環境"について。

・丸山酵素(写真:左)
腸を休ませたい時など、ファスティングにも使える熟成酵素。スティックタイプで毎朝水に溶かして飲んでます。
・BE-MAX BRM1.3(写真:中)
1包に1.3兆個以上の特許取得配合乳酸菌EF-2001を配合。腸が活き活きし内側からの健康を感じ、肌の調子もとても良いです。
・魔法のダイエット(写真:右)
ビースリーEX(ビフィズス菌)やコラーゲン配合の高級カカオを使用した美味しいダイエットチョコレート。 低GI・砂糖不使用・グルテンフリーなので、健康面にも安心。甘いものが食べたくなった時の間食用にしています。

■プロフィール

那口 絵理(なぐち えり)
1980年3月4日生まれ(40歳)
*美容コンディショニングトレーナー/JEM認定講師
*広尾・銀座・町田のエステティックサロン「Les Anges レザンジュ」、パーソナルダイエットシステムを提供するトレーニングジム「SANDS サンズ」を運営するミラックス社の社長
20歳の頃よりエステティシャンとしてのキャリアを開始。
2016年、2017年にはミス・ユニバース・ジャパンの講師を務める。
自身の経験も踏まえ「結果にこだわる」をテーマに、幅広い女性層の美容と健康をサポート。
高校生時代、ファッション誌のレギュラーモデルを務めていたこともあり、ファッションにも抜かりがない。
現在、2児の母だが、家庭・仕事共に充実した”リア充中年女性”を目指す。