NCT DREAMは臨場感と没頭度高まる公演を披露し「Beyond LIVE」を成功裏に終えた。
 
先日10日午後3時よりNAVER V LIVEを通して生中継で行われた「NCT DREAM – Beyond the DREAM SHOW」は生き生きと表現されたAR効果とNCT DREAMのエネルギー溢れるパフォーマンスで、インタラクティブコミュニケーションを通じ、グローバルな視聴者達を熱狂させた。

NCT DREAM、ファンと共に作り上げたオンラインライブが世界107か国の視聴者を熱狂 

今回の公演は、韓国はもちろん、米国、英国、日本、中国、カナダ、フィリピン、オーストラリア、マレーシア、ドイツ、フランス、メキシコ、ニュージーランド、スペイン、イタリア、オランダ、チリ、サウジアラビア、ブラジル、ノルウェー、オーストリア、スウェーデン、フィンランド、アラブ首長国連邦などの全世界107か国の観客らがお茶の間でリアルタイムに公演を楽しみ、NCT DREAMのグローバルなパワーを見せつけた。
 
公演直後は#NCTDREAM_BeyondLIVEがワールドワイド、インドネシア、ペルー、パラグアイ、タイ、マレーシア、メキシコ、チリなど各国のTwitterのリアルタイムトレンド1位に上がるなど爆発的な反応を得た。
 
またこの日、NCT DREAMは海底都市に入ってきたような壮大な雰囲気を漂わせるLEDセットで登場した「GO」から始まり、ハートの風船を飛ばしたような動きがポイントである「Chewing Gum」、光り輝く星でNCT DREAMの文字を表現した「Candle Light」、リアルタイムでAR 3Dグラフィックや自動車のドリフトARを表現した「Ridin'」などのオフライン公演と差別化された舞台演出で視聴者たちを没頭させた。
 
NCT DREAM、ファンと共に作り上げたオンラインライブが世界107か国の視聴者を熱狂

特にファンとのマルチビデオトークシステムでインタラクティブコミュニケーションを行い、Q&Aビデオトークをはじめ、NCT DREAMのメンバー達とファンがそれぞれ「Puzzle Piece」と「7 Days」の2曲の中で好きな曲を1曲選びお互いの好みをどれだけ理解しているかを試すミッションチャレンジ「テレパシーを送ってDREAM!」コーナーで視聴者とより近い交流をはかった。
 
加えて、NCT DREAMのメンバー達は「Beyond LIVE」公演の感想として「オンライン公演はどうなるのか気になっていたが、こうやってビデオトークでファンのみなさんと会うことが出来てオフライン公演を行っているようだ。ファンの方の応援の声がよく聞こえ、本当に一緒にいるようだ。」と感心した。チソンは「モニターの中のペンライトがまるで照明のようだ。ファンの方と一緒にステージを作り上げたかのようでとても良かった。素敵なステージを作ってくださってありがとうございます。」とファンへの感謝のメッセージを残し注目を集めた。
 
「Beyond LIVE」は従来のオフラインコンサートの中継を超え、SM ENTERTAINMENTが目指す新しいカルチャーテクノロジー(CT)をコンサートの分野で実現、高度な技術とパフォーマンスを組み合わせた世界初のオンライン専用の有料コンサートでSuperMを皮切りにWayV、NCT DREAMまで全世界のファン達の声援を受け、盛況のうちに公演を行った。
 

一方、17日にはNCT 127の「NCT 127 – Beyond the Origin」によって公演の熱気は続いていく。
 
4月29日に最新アルバム「Reload」をリリースしたNCT DREAM。
この「NCT DREAM – Beyond the DREAM SHOW」にて初披露となった楽曲も収録されている。
49ヶ国のiTunesチャート1位を獲得、その他配信サイトや売り上げ枚数など、これまでの記録をなおも塗り替え続けている。
 
絶えず進化している彼らへの期待感が高まるばかりだ。