布袋寅泰が、2021年にアーティスト活動歴40周年を迎える。

そのアニバーサリー・イヤーに向かい本日、5月11日に特設サイトがオープンとなった。1981年5月11日、布袋がそのキャリアをスタートさせた日本を代表するロック・バンド、BOØWYが新宿ロフトでデビュー・ライヴ「暴威 LOFT FIRST LIVE」を行った記念すべき日だ。
その特設サイトには「とどけ。」というストレート、シンプルにして力強いワード、そして「こころにふれることはできる。」というサブ・タイトルとともに「HOTEI 40th ANNIVERSARY」のテキストが印象的に並んでおり、STAY HOMEな時代にその先を見据えた“前に向かうメッセージ”として注目を集めそうだ。

このサイトでは40周年に向けたライヴ、ツアー、リリースなどの新情報の発表はもちろんのこと、いままでにオフィシャル公開を待望されていたミュージックビデオや過去のライヴ作品公開、膨大な活動歴を網羅したカレンダー公開、また歴代のツアー衣装やギターの貴重なアーカイブなど、アニバーサリーという記念すべき時間をファンと共有できるウェブ上で行われるエキシビジョンとでも言うべき展開が広げられる予定となっており、デイリーのチェックが欠かせない、目が離せないサイトとなりそうだ。

その特設サイトでの企画として、布袋の過去の膨大なライブアーカイブをYouTubeプレミア公開で楽しめる「HOTEI 40th LIVE HISTORY」が始動。第1弾として5月20日19:00より、ライブ映像作品「30th ANNIVERSARY 第二弾 HOTEI THE ANTHOLOGY “威風堂々” TONIGHT I‘M YOURS! 〜GUITARHYTHM GREATEST HITS & REQUEST〜」がYouTubeプレミア公開される。この公演は東日本大震災直後の2011年5月20日当日に国立代々木競技場 第一体育館にて行われた30周年記念公演で、TERU(GLAY)のサプライズ参加も話題を呼んだメモリアルなライブだ。1回限りのプレミア公開なのでお見逃しなく。なお、今後も定期的に様々なライブ映像を公開していく予定なので楽しみにしていて欲しい。


そして、さらに先日自身のアカウントから告知された通り、初のインスタライブが日本時間の本日5月11日(月)午後9時から実施される。また、5月15日(金)にはテレビ朝日系「MUSIC STATION」にも出演が決定。どんな内容になるかの詳細は発表されてはいないもののファンにはたまらないプレゼントとなりそうだ。
なお、5月13日には最新アルバム『GUITARHYTHM Ⅵ』を引っ提げて2019年12月28日に行われた全国ツアーのファイナル公演、神戸ワールド記念ホールでのライブ映像作品『GUITARHYTHM Ⅵ TOUR』がリリースとなる。アンコールではBOØWYメンバー、松井常松、高橋まことをゲストに迎えたヒストリカルなスペシャル・ステージ。進化する布袋寅泰の最新フォームに注目したい。

 

『HOTEI 40th ANNIVERSARY』特設サイト:https://sp.universal-music.co.jp/hotei/40th/