7月8日、名古屋・栄を拠点に活動するアイドルグループ・SKE48のチームEが配信限定公演「SKEフェスティバル」公演を開催した。出演メンバーは感染症拡大防止の観点から参加人数を減らし、ソーシャルディスタンスを守りながら鎌田菜月、熊崎晴香、斉藤真木子、佐藤佳穂、末永桜花、須田亜香里の6名で行われた。

先月14日のチームS「重 ね た 足 跡」公演から劇場公演が再開したSKE48。チームEが公演を実施するのは約4ヶ月ぶりとなる。今回も公演冒頭の全体曲を公式YouTubeチャンネルで生配信も行われた。

【ライブ写真追加】須田亜香里が公演前にお出迎え!SKE48 チームE、135日ぶりのステージ<「SKEフェスティバル」公演>

開演前、出演メンバーの須田がSKE48劇場の門から配信を視聴するファンを出迎えた。
「今日は貸切だよ。特等席用してあるから」と言いながら劇場の中へと誘う。須田と秘密のデートを楽しむような感覚で、「誰のこと応援するの?わかってるでしょ?私も応援してね。みんなも応援してほしいけど、心の中では一番ね」と話しかけてくる須田に「亜香里ちゃんのデート風お出迎え」「斬新なオープニング」と早くもツイッターへの書き込みが殺到した。

【ライブ写真追加】須田亜香里が公演前にお出迎え!SKE48 チームE、135日ぶりのステージ<「SKEフェスティバル」公演>【ライブ写真追加】須田亜香里が公演前にお出迎え!SKE48 チームE、135日ぶりのステージ<「SKEフェスティバル」公演>

熊崎と須田のWセンターで『重力シンパシー』からスタートした「SKEフェスティバル」公演。青いスカートをたなびかせ全体曲で画面越しから煽りを交えたパフォーマンスを繰り広げる。今回もツイッターと連動したハッシュタグ企画「#Twitterで声援を」実施し、ステージに設けられたモニターにリアルタイムでツイートが反映される。ツイートの中には推しメンのカラーに灯したサイリウムや、手作りのBIGうちわの写真を投稿し、オンラインならではの楽しみ方が見られた。

MCで須田は「無観客ってどんな感じなんだろうって思ってたけど、振り向いたらみんなちゃんと“いる”って思えて嬉しくなった」とコメント。すかさず鎌田が「年取ると涙もろくなっちゃいますよね」と言うと「それ私に言う?」とツッコミを入れる場面も。また、配信を家族が視聴していると言う熊崎は、久しぶりに化粧をした際の出来事を紹介。「化粧をしてお仕事に行ったら『あなた誰』っておばあちゃんに言われました!化粧で孫の顔を忘れるぐらい変わるの!?」と驚きながらも、「今日はカメラからみなさんに頭の中を『くまちゃん』だらけにしたいと思います!」と意気込んだ。また、先日26歳の誕生日を迎えた斉藤は、ツイッター上でのプチ生誕祭をお願いしつつ、「ファンの方がいないのは寂しいけど、6人で16人以上のものを出せるように盛り上がっていきましょう」とキャプテンらしく気合を入れた。


赤い花飾りが視線を惹くドレス風の衣装に着替えたメンバーは『バラの儀式』を妖艶なパフォーマンスで魅せる。『女神はどこで微笑む?』は立ち位置を入れ替えならが須田と佐藤がダンスバトルを繰り広げた。また、斉藤は衣装の靴が壊れるというハプニングも。
10期生の「2分間MC」を挟み、サビの振り付けがキャッチーな『ハートのベクトル』を制服姿で可憐に披露。メンバーのソロパートが多いのも少人数編成ならではだ。また、曲の終盤で須田がカメラに向かってキス・・・、ではなくクリアファイルにサインを書いた。このサインはファンに向けてプレゼントされる。

【ライブ写真追加】須田亜香里が公演前にお出迎え!SKE48 チームE、135日ぶりのステージ<「SKEフェスティバル」公演>

熊崎は曲振りと共に「みなさんのおかげで、キラキラと輝くアイドルという素敵なお仕事をさせてもらってます。ホントにホントに今日は嬉しいです。幸せな日々ばかりではないですが、落ち込んだ時にみなさんの心に私たちの歌が、私たちの存在がみなさんの心の支えになれればと思います」とメッセージを込め、全員で『キンモクセイ』を歌い上げた。

【ライブ写真追加】須田亜香里が公演前にお出迎え!SKE48 チームE、135日ぶりのステージ<「SKEフェスティバル」公演>

最後のMCで須田は『キンモクセイ』の歌唱時にファンが灯すサイリウムの光景を思い出し涙を浮かべた。「公演の順番がチームEに回ってきて、ようやくステージに立てることを噛み締めてます。この4ヶ月間は握手会やステージに立てず・・・。メンバーが集まるだけで密になってしまうグループなので」と悔しさも滲ませた。また、公演開催に尽力したスタッフや、遠くで待っていてくれているファンへ感謝を込めながら、「たくさんのところから愛を受けながらステージに立つことができました。遠くにいても気持ちは繋がってるよ、ということを私たちも実感してます」と話し、最後の曲『遠くにいても』をしっとりと歌い上げた。

終演後は出演メンバーによるアフタートークが行われた。

 

【チームEリーダー 須田亜香里・公演後コメント】
今日は公演が始まる前に、これまでのチームS、KⅡの6人での公演でやったことのない、私が劇場の入口からファンの方が椅子に座るまで案内するという特別な演出を担当させていただき嬉しかったのですが、ものすごく緊張して盛大な言い間違いをしてしまいました。真っ赤になってしまうほど恥ずかしかったです。
そして今日は初めてステージに立った時とも全然違う緊張感がありました。ファンの方に楽しんでもらえるかなという不安もあったり。でも後ろを向くとみんながリアルタイムでツイートしてくれているのが目に入って、みんな一緒に今の時間を過ごしてくれているのを感じてすごく嬉しくなりました。同じチームのメンバーもみんな配信で観てくれていて、自分が立ちたいってみんなが思ってる公演だったと思うけど、この6人に任せてくれて。10期生のメンバーのトークコーナーもチームE公演ならではの演出のコーナーでもあったし、多くのファンの方に楽しんでもらえる時間を少しでも、私たちがアイドルとしてもつことができた気がして嬉しかったです。これが進化していって、ちょっとずつまたみんなとの距離が縮まっていけばいいなと願っています。ありがとうございました。楽しかったです。

 

【SKE48キャプテン 斉藤真木子・公演後コメント】
135日ぶりの劇場公演だったのですが、めちゃくちゃ汗かきました!これまで多分900回近く劇場公演に立ってきたと思うんですが、これまでの中でもとても心に残る公演でした。ファンの皆様が客席に見えたような気がしました。1日でも早く、ファンの皆様と、チームのメンバー16人で一緒に劇場でライブをできたらいいなと思います。しばらくはこの形になってしまうかもしれませんが、形は変わっても、みんなのSKE48魂をみせて頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

 

【SKE48 チームE「SKEフェスティバル」公演・セットリスト】
M00.overture
M01.重力シンパシー
M02.キミが思ってるより…
M03.ほっぺ、ツネル
M04.SKEフェスティバル
M05.バラの儀式
M06.女神はどこで微笑む?
M07.ハートのベクトル
M08.キンモクセイ
M09.遠くにいても

 

【公演概要】

SKE48劇場 チームE「SKEフェスティバル」公演

2020年7月8日(水)18:30〜

【出演メンバー】

鎌田菜月、熊崎晴香、斉藤真木子、佐藤佳穂、末永桜花、須田亜香里


【配信サービス】
◎DMM.com「SKE48 LIVE!! ON DEMAND」
http://www.dmm.com/lod/ske48/ske48officia-002

◎VR SQUARE
https://livr.jp/

◎SKE48 公式YouTubeチャンネル(公演冒頭、全体曲4曲のみ)
https://www.youtube.com/user/SKE48